人間の目薬、充血や結膜炎の犬に使っても大丈夫?

引用の出典元:shutterstock.com

人間用にも充血、結膜炎、ドライアイなどさまざまな目薬が市販されています。

しかしこれらの目薬には様々な成分が含まれており、犬の目薬としては強すぎることが一般的。

でも、その目薬が薬効成分の含まれていない人口涙液や生理食塩水であれば、涙に似た成分でできているので、犬の充血や結膜炎に使ってもまず問題はありません。またそういった目薬は、ホコリを取ったり、乾燥対策としても使うことができます。人口涙液や生理食塩水などの目薬は目薬の成分表示をよく見て、できるだけ涙に近いものを選びましょう。

気をつけなければならないのは、結膜炎や充血に効きそうだからと、薬効成分がある目薬を素人判断で使ってはいけないということ。

人間と犬とでは、使える薬品の種類・量が異なることを肝に銘じておきましょう。

また目の充血や結膜炎を治そうと素人判断で目薬に頼ると、病気の発見が遅れることも。愛犬の病気がひどくなる前に、獣医師に相談しましょうね。

目薬を上手にさすコツ

目を真っ赤に充血させて結膜炎かもしれないのに、目薬を見ると犬が暴れたり、噛みついたり…。そんなあなたでも、コツをつかめば上手に目薬が差せるようになります。その方法は…

まず、片手で犬の鼻先を固定します。そして目薬を持って犬の後ろ側にまわり、頭の後ろから手をまわして目薬を差しましょう。

後ろから手をまわすのは、目薬の容器が犬に見えないようするため。当然、犬は目薬が自分の治療のために使われるなんて理解していません。目薬でなくても知らないものが目の前に迫ってきたら、大好きな飼い主が相手でも「いやん!」と抵抗してしまいます。

それと目薬を上手にさすもうひとつのポイントは「ご褒美」。目薬を差し終わったら、おやつなどのご褒美をあげて目一杯褒めるようにしましょう。

「目薬=いいこと」と犬が認識し、しかも結膜炎や充血がおさまるとわかれば、次からおとなしく目薬をさしてくれるかもしれません。

市販の犬用目薬があることをご存知ですか?

引用の出典元:shutterstock.com

犬用目薬としては、消炎効果のあるものや、痒み・充血を抑える作用のあるものが販売されています。これらの目薬は、結膜炎や角膜炎など目に傷があったり、充血・腫れなどがあるときに効果があります。

また結膜炎や角膜炎だけでなく、緑内障や白内障対策の目薬も販売されていますが、こういった深刻な病気の場合は、目薬を使うよりも先に動物病院を受診しましょう。

特に緑内障は、放置すると視力を失う危険もあります。犬の目が濁っていたり、いつもと様子が違うなと感じたときは、目薬に頼るより早めに獣医師に相談してくださいね。

【まとめ】目薬の効果を過信しない!

目薬の選び方と上手に差すコツをご紹介しましたが、いかがでしたか?しかし充血や結膜炎に限らず、大事なのは、様子がおかしいと感じたら早めに獣医師に相談すること。目薬や自分(素人)の判断を過信しすぎないことです。

目やにや涙、充血は、結膜炎など目以外の他の病気が原因の場合もあります。症状が改善しない、また再発するようであればなおのこと、目薬よりも動物病院を受診して、専門家の判断を仰ぐようにしてください。

犬も人間と同じ、早期発見と早期治療、そして飼い主さんの愛情が、病気の進行を防ぎ回復へと導いてくれるのです。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo