盗み食いができない環境をつくる

引用の出典元:stat.ameba.jp

本能を抑えるのは人間でも難しいくらいですから、まずは盗み食いをさせないように環境を作りましょう。

盗み食いが一番多い状況は「テーブルの上の物を食べてしまう」こと。

ということは、テーブルの上に食べ物を置きっぱなしにしない…これに尽きるんです。

ダイニング用など高さがあるテーブルは、犬が椅子を踏み台にして登ることが多いですから『椅子を出しっぱなしにしない』ことも盗み食い防止には効果があります。

キッチンの戸棚などに食べ物を入れている場合は、犬が戸棚を自由に開けられないようにしておく工夫をしておきましょう。

最近では、お子さんのイタズラ防止用に便利なグッズもありますから活用すると良いですよね。

日頃から人間の食べ物を与えない

引用の出典元:www.ashinari.com

キラキラした目で見つめられるとついつい人間の食べ物を与えてしまいますが、日頃から絶対に与えないことを徹底するというのも工夫のひとつです。

人間の食べ物は味が濃く、犬にとっても美味しいものばかり。

しかし、塩分や脂肪分が多く含まれ犬にとって健康に害するものも多く、タマネギに至っては量にもよりますが、血中にある赤血球を破壊し貧血を引き起こすという大変危険な食べ物です。

盗み食いをさせないためにも、人間の食べ物は貰えないと犬に覚えてもらいましょう。

盗み食いを叱って止めさせるしつけ方法

引用の出典元:pixabay.com

盗み食いをさせない工夫をしたにもかかわらず、まだ盗み食いが直らない時には、きちんと叱って止めさせます。

叱るタイミングは、食べ物に口をつける瞬間に「イケナイ」でも「ダメ」でも言葉は何でも良いので怖い声で叱って、止めさせた後にしっかりと「食べなかったね、イイ子だね」と褒めてあげます。

わざと、盗み食いをする状況を作って「叱って・止めさせて・褒める」という練習をしても良いかもしれませんね。

何度も繰り返して行くと、食べ物が目の前にあるのに見ないフリ・気づかないフリをするようになります。

この時、犬は「これを食べてはいけないんだ」と解り始めている証拠ですから、我慢したことを大いに褒めてあげてください。

犬は人間の感情を読み取ることができる

引用の出典元:www.flickr.com

叱って止めさせて褒めたあとに「人間の食べ物は身体に悪いから食べちゃいけないのよ」と気持ちを伝えて構いません。

犬は感受性の豊かな生き物ですから、飼い主がどう思っているのかをちゃんと理解するようになります。

盗み食いを止めさせた後に褒めることで、飼い主に叱られるより褒めてもらうことを選ぶようになり、徐々に盗み食いが減っていきます。

愛犬の健康を守るためにも、是非「盗み食いを止めさせる工夫としつけ方」を実践してみてください!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi anddog_nao
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード