古びた毛布のようだった野良犬

引用の出典元:www.thedodo.com

5月のある日、親切なサマリア人がメキシコの路上を彷徨っている野良犬を発見しました。まるで古びた毛布のようなボロボロの被毛に、痩せ細った体。

カリフォルニア州のシェルター『The Barking Lot Rescue』に収容された野良犬には"ホッブス"と名付けられます。ホッブスの体重は、健康な状態の約半分しかありませんでした。

このままシェルターで生活していくことは可能でしたが、ボランティアは彼が高齢であることに気が付き、高齢犬専門の動物保護団体『Frosted Faces Foundation(FFF)』に移転したほうが良いと判断します。

一度は人間と暮らしていたことが判明

引用の出典元:www.thedodo.com

6月下旬、ホッブスはFFFに移送され、心優しいボランティアスタッフによって暖かいお風呂に入れてもらうことができました。

ふわふわのタオルに優しい声掛け、爪切りに新しい首輪。緊張した面持ちのホッブスですが、きっと嬉しかったに違いありません。

そして、スタッフは驚くべきことを発見しました。ホッブスの体には、メキシコ国境から近いカリフォルニアのシェルター『Chula Vista Animal Care Facility』に登録されたマイクロチップが入っていたのです。

シェルターに電話を入れたところ、2007年、ホッブスがまだ子犬のときに、そのシェルターから里親に引き渡されていてことが判明しました。

そこから逆算すれば、ホッブスは約10歳。まだ老犬というほどではなかったのです。

マイクロチップに刻まれた飼い主の連絡先情報はすでに古くなっており、ホッブスの飼い主に何が起きたのか、ホッブスがメキシコでどうやって生き延びてきたのか、たくさんの疑問は解決することはありませんでした。

たっぷりの愛情と栄養で生まれ変わる

引用の出典元:www.thedodo.com

高齢犬に見えていた10歳のホッブスは、それまでの苦しい野良犬生活に終止符を打つことができました。スタッフたちも、限りある命の時間を快適で楽しいものにすることを決意します。

獣医師に診察してもらった結果、ホッブスは軽い貧血、タンパク質の欠乏などの栄養失調と疥癬にかかり、3本の肋骨が折れていることが明らかになりました。

FFFのスタッフたちは、ホッブスの体重を増やし元気な被毛を取り戻すための管理プログラムを開始。ホッブスも自分の命を輝かせるために一生懸命ご飯を食べます。

およそ2ヵ月後、スタッフからたっぷりの愛情と美味しいご飯をもらったホッブスは、無事に体重が増え被毛も生えてきました。

高齢犬の生活を理解する里親を募集中!

引用の出典元:www.thedodo.com

ホッブスは施設の他の老犬たちとも仲良く遊ぶことができ、猫や子どもを観察するのが大好きな優しい犬に変身していきます。

安全な環境の元、日向ぼっこを愉しむホッブスの笑顔は最高です。不審者にはしっかりと大声で吠えてくれるホッブスですが、雷にはめっぽう弱くブルブル震えてしまうのだそう。

スタッフは、これから本格的に高齢を迎えるホッブスのペースや接し方などを理解してくれる里親さんが理想的だと語っています。

ホッブスは今、彼を大事にしてくれる永遠の家族を最高の笑顔で待っています。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード