犬の抱っこ、良いことと注意したいこととは?

引用の出典元:shutterstock.com

犬を抱っこすること自体は、家族との幸せな時間において必要なことです。それは、スキンシップだけでなく、抱っこを好きにさせておくことで、動物病院受診の際やトリミングの時などすんなりとお願いすることはできます。

また、咄嗟の時の危険回避としても重要です。

しかし、甘やかしすぎの抱っこというのは、少し注意しておいたほうがいい場合もあります。

抱っこをいつもしてもらわないと、満足できない犬になってしまったり、場合によっては唸ったり怒ったりすることもあるのです。

いつも愛犬が抱っこをせがんできたら

引用の出典元:shutterstock.com

自宅で家事をしていたり、食事の時でも、前足をかけて「抱っこして!」とせがむ犬もいます。

信頼関係がしっかりできているわんちゃんであれば、その時の欲求で終わることもありますが、まだトレーニング中の犬の場合、「抱っこしてもらえる!なんでも言うとおりになる!」と考えてしまうこともあるのです。

特に、興奮している時などは注意が必要ですし、目線が下になる小さなお子さんがいる場合は犬は自分が強い立場になったと思ってしまい、さらに危険な場合もあります。

飼い主さんがリーダーとなって

引用の出典元:shutterstock.com

犬が、抱っこをせがんできても、飼い主さんに主導権があるのだということを理解させましょう。

食事中に抱っこをせがんできても、無視をしたり、一旦ハウスに入れるということでもよいでしょう。落ち着いた時に、褒めてあげながら抱っこをしたり、たっぷり遊んであげるのです。

また、抱っこ中でも、「どいて」と一声かけて犬を下ろすことも大切です。お散歩中に抱っこをせがむ犬もいますが、その場合も払いのけて、歩きだすようにしましょう。

犬の抱っこは時と場に応じて考える

引用の出典元:shutterstock.com

抱っこばかりでなく、あらゆる犬のしつけで大切なことは、人間側が主導権をにぎるということです。

あれもこれもダメというわけではなく、犬の抱っこも時と場に応じて、飼い主さんが決めていきます。お互いの適度な距離を保つことが、愛犬との幸せな暮らしにつながることでしょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo