傷だらけで車内に放置されている犬

引用の出典元:www.facebook.com

車内に放置されていたアメリカン・スタッフォードシャー・テリアを発見したのは、帰宅途中だったテス・ディロウヤさんとモルガン・ルーカスさんです。

パリ10区にあるルイ・ブラン駅から自宅に向かう途中、見慣れない一台のバンに気が付き中を覗いてみると、そこには力なくこちらをじっと見つめる犬がいました。

春だとはいえ日中の日差しは強く、車内は相当な高温になっていたことでしょう。ほんの少しだけ車の窓が開いていましたが、お腹が空いているせいなのか暑さからなのか、助手席に座っている犬はぐったりとしている様子です。

犬をよく見てみると、頭や体には傷がたくさんあることに気が付きます。「もしや、虐待の末に捨てられた?」2人の心は不安に駆られ始めました。

警察に通報するも…

引用の出典元:www.facebook.com

犬の表情や体の傷…。何か不穏な気配を感じた2人は、それから数時間後に再び犬の様子を見に行くことにしました。

やはり、同じ場所にバンは駐車したままで、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアはうなだれるように助手席に座っています。

2人は窓のすき間から食べ物をねじ込みましたが、水は与えることができません。「このまま放置しておけば、この犬は死んでしまう…」

これだけ長時間放置されていることから、捨てられたとしか考えられなかった2人は、すぐ近くの警察に行き保護を要請します。

しかし、その答えは『許可なしでは出動ができない』という、なんとも歯がゆいものでした。せめて、現場に行って犬を見てほしいと伝えたのですが、それもできないと断られてしまったのです。

ネットの力を借りよう!

引用の出典元:www.facebook.com

どうにもならない現実を前に、2人はあることを思いつきます。非公開グループのフェイスブックでありながらも、6万人のグループメンバーを抱える『WANTED#bons plans』に犬の写真を投稿することにしたのです。

このグループは、犬の写真を撮って掲載したり、情報交換をしたりするグループです。

「ウォールにアップされた犬の写真を見れば、何らかの反応があるに違いない」その期待は裏切られませんでした。

車の中から悲しい瞳でこちらを見る犬の写真を見た6万人のメンバーが一気に動き出します。わずか数分間で100件以上のコメントが寄せられたのです。

動物保護団体の『Giapa』もメンバーだったことが幸いし、団体から警察に保護要請が入れられました。さらには、投稿写真を見た多くの人たちによって、ルイ・ブラン駅と警察に電話が殺到します。

さすがの警察も、事態の大きさに出動せざるを得なくなり、ようやく現場へと駆け付けることに。警察官は窓ガラスを割り、犬に首輪をかけて救出しました。

多くの人々の善意により守られた命

引用の出典元:www.facebook.com

車内からようやく救出されたアメリカン・スタッフォードシャー・テリアは、かなり衰弱していました。

この犬は"WANTED(ウォンテッド)"と名付けられ、保護当日は警察署で一晩預かり、翌日には動物保護団体『Giapa』に移され、詳細な診断が行われることに。

その結果、全身の傷は明らかに虐待によるもので、右足は骨折しており感染症による腐敗が進行していることがわかったのです。

ウォンテッドの命を守るためには、どうしても後ろ足を切断するしかありませんでした。

この医療費もまた、テスさんとモルガンさんの呼びかけによってネット上で募金活動が行われ、募金額は600ユーロ(約7万円)を超えました。

ウォンテッドを虐待し放置した犯人は残念ながら捕まっていません。車から持ち主を調査できないのか、と苛立ちますが、もしかしたら盗難車だったのかもしれません。

唯一、ウォンテッドにとって、恐ろしい飼い主から離れられたこと、足は失ってしまったものの命が繋がったことだけが救いです。

ネットを通して多くの人々の善意により命を救われたウォンテッド。きっと素敵な飼い主が現れて、第二の犬生を歩んでくれるものと信じてやみません。

テスさんとモルガンさんが下した判断から、"ネットの力を使えば多くの人の力が動いて物事が変わる"ということを教えてもらった気がします。

私たちもネットの力を使って、犬社会がもっともっと幸せなものになるよう、変えていきたいですね!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード