犬を飼うメリット①. 身体が健康になる

引用の出典元:www.flickr.com

犬がいることで知らず知らずのうちに適度な細菌を体内にとりこむことになり免疫ができるため、感染症や喘息にかかりにくくなります。

また、犬と一緒に育った子供たちはアレルギーなどにもかかりにくくなるという研究結果が出ています。

そして犬を飼っていればもちろん散歩に連れていかなくてはなりません。1回30分程度でも毎日の散歩は効果的なエクササイズになります。散歩そのものも体にいいので、ダブルの効果で心臓発作や脳梗塞などの疾患の発症を3分の1ほども下げられるそうです。

また、心臓発作を患ってしまった場合もその生存率は4人に1人と、犬を飼っていない場合の10人に1人よりに比べはるかに高くなります。

犬を飼うメリット②. 心が満たされる

引用の出典元:freshblendmedia.com

犬を飼っているひとはそうでないひとに比べてストレス関連の病気にかかりにくいという数多くの研究報告があります。

これは犬とのスキンシップにより脳内快楽物質であるドーパミンやセロトニンが生成されるためで、特に一人暮らしの場合は、犬がいることで孤独を感じにくくなり、掛け値なしの愛情を向けてくれる存在に癒され、心が満たされます。

また、犬をなでることで別名「抱擁ホルモン」ともよばれるオキシトシンが分泌され、血圧を下げたり、痛みの軽減、病気の回復を早めるなどの効果が期待できるそうです。

犬の癒しのパワーは薬や治療にもまさるかもしれません。

犬を飼うメリット③. 暮らしを豊かにしてくれる

引用の出典元:www.syracuse.com

犬をつれて散歩に行くことは体にいいだけではありません。

犬がいることで知らないひと同士でも会話がしやすくなり、いつものお散歩コースで行き会うほかの犬の飼い主さんとお友達になったりすることもあります。

公園やドッグランなどに定期的に通うことは愛犬だけでなく飼い主さんの社交性も高めてくれるんですね♪

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi 森野万弥
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード