上目遣いをする犬の表情はどんな気持ちなの?

引用の出典元:www.flickr.com

ふと気付くと、犬が飼い主をジッと見つめて、上目遣いの表情をしていることはありませんか。この表情をする時の犬の気持ちは、「退屈でつまらない。」と考えているのです。

犬を多頭飼いしている家庭で、自分以外の犬に飼い主が愛情を偏らせているときにも、上目遣いでジェラシーや不満の気持ちを表します。

場面によっては、同じ上目遣いの表情でも、違う気持ちのことがあります。激しく怒った時に上目遣いをするなら、それは反省しているのではなく、緊張しているのです。

体を丸めて上目遣いをしている場合は、犬は怖いな、と考えています。また、敵意はありません、という気持ちを伝えてきています。

視線をそらす犬の表情は嫌いな気持ちの表れ?

引用の出典元:www.flickr.com

犬と目があったのに、フッと視線をそらされることがありませんか。飼い主は、「この子、私のこと嫌いなの?」と悲しい気持ちになりますが、犬の気持ちは場面によって、その意味が違ってきます。

犬が嫌いなものを飼い主が持っている時に、視線をそらしたのなら、犬の気持ちは「怖いな。不安です。それ、嫌です。」と考えています。爪切りやブラシを持つと必ず視線をそらす表情をするなら、こちらに該当します。

一方、飼い主が犬の目を見つめた時に、視線をそらす場面があれば、それは「敵意はありません。」という犬の気持ちを意味しています。

お散歩中、犬同士が出会った時に、視線を外しながらさりげなく距離を縮めているのも同じ理由です。

犬が口をあける表情は嬉しい気持ち

引用の出典元:www.flickr.com

散歩前やご飯前などには、犬が口をあける表情をすることが多いものです。

暑さ調節でもないのに、犬が口をあけていて、飼い主から見ても嬉しそうな表情に見えるなら、間違いなく「嬉しいです!」という気持ちの表れです。

嬉しい、楽しい、気持ちがイイ!と犬は感じているこの表情は、プレイフェイスと呼ばれます。獣医のマイケル・W・フォックス氏によると、人間の笑顔をまねている可能性があるということです。

眠くもないのにあくびする犬の気持ちは?

引用の出典元:www.flickr.com

飼い主から見て、絶対眠くないはずのタイミングで、あくびをすることがありませんか?これは犬が不快感や不安を感じている、または興奮や緊張をほぐすためなの表情です。

知らない人に撫でられた時や、散歩前の高ぶった気持ちを抑えようとして、犬は思い切りあくびをします。まれに、飼い主のあくびにつられたように犬があくびをすることがありますが、これには不安感などは関係ありません。

こういった犬の表情から気持ちを読み解く術を駆使して、さらに深いコミュニケーションをとってみましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード