犬の耳掃除は必要なの?

引用の出典元:shutterstock.com

犬の耳掃除はいつも動物病院におまかせしているから、自宅で耳掃除は必要ない、と思っていませんか?

実は耳掃除を怠ると、外耳炎や中耳炎になってしまう可能性があります。

耳掃除をせずに不潔な状態が慢性化し、中耳炎までいってしまうと犬は痛みを伴うのはもちろん、ひどくなると頭を傾けたりします。

炎症が神経までいくと運動失調や顔面神経麻痺なども起こります。耳の病気予防のためにも自宅での耳掃除は大切なのです!

犬の耳掃除のやり方はこんなに簡単!

引用の出典元:shutterstock.com

犬の耳掃除には耳洗浄液やガーゼ等を使いますが、耳掃除のやり方はいくつか方法があります。

1つ目の耳掃除のやり方は、市販の犬の耳掃除用のシートを購入し、耳掃除をします。犬の耳掃除に慣れないうちはこの方法をお勧めします。

2つ目の耳掃除のやり方は、洗浄液を使い、ガーゼで犬の耳垢を取ってあげる方法です。わざわざ耳掃除だけのために動物病院に行くのも大変ですが、このやり方なら簡単に耳掃除ができます。

耳掃除の際は洗浄液でガーゼを湿らせてから、耳掃除をしてあげて下さい。湿らせずにしてしまうと耳の中を傷つけて逆に中耳炎になってしまう恐れがあります。

3つ目の耳掃除のやり方は、耳洗浄液を直接耳に入れて耳掃除をする方法です。液体を耳に入れるのが怖いと思うかもしれませんが、やり方は簡単です。

まず洗浄液を直接耳の中に入れて耳をマッサージするように揉みます。その後はティッシュやガーゼなどで耳の中の液を優しく拭きとってあげてください。

耳掃除のコツは、無理に汚れをこすりとったりせずに、洗浄液で柔らかくなった汚れを軽くふきとることです。

そして耳の中の毛が多い子は毛抜きなどで抜いてあげましょう。一気に抜くと痛みが伴う事もあるので少しずつ無理のないように抜いてあげましょう!

綿棒を使う場合は、長く持たずに短めに持っておけば、犬が嫌がって暴れた時に傷つけずに済みます。

犬の耳掃除の頻度はどのくらい?

引用の出典元:shutterstock.com

犬の耳掃除の頻度はその犬の耳の状態や形状によっても異なります。

耳の垂れている犬種は耳の中が湿りやすいため菌が繁殖しやすいです。週に2回程度耳掃除をしてあげましょう。

耳が立っている犬種でしたら週に1回程度で大丈夫です。

外耳炎などの症状がない限り、犬は毎日の耳掃除は必要ありません。

犬の耳掃除で悪臭がしたら!

引用の出典元:shutterstock.com

犬の耳掃除のやり方を覚えておくと、耳の病気の早期発見にもつながります。

いつもの耳掃除に比べて、べったりと褐色の耳垢だったり、悪臭がしていたら、外耳炎など耳の病気が考えられます。

脱毛していたり、頻繁に耳を振ったり、掻いたり、首をかしげて歩いたりする場合は、早めに動物病院で診察を受けましょう。

場合によっては耳ダニ症であってり、アレルギーの場合もあります。

普段から犬の耳掃除をしていることで、犬の健康チェックができるので一石二鳥ですよ。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi chi-bell
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード