写真付きで投稿された母犬と9匹の子犬たち

引用の出典元:mrbonesandco.org

アメリカ、ノースカロライナ州に住むある男性が、7月10日、Facebookに1枚の写真を投稿しました。その写真には、生れて間もない9匹の子犬が写っていました。

その写真には「ボクサーとピットブルのミックスの子犬たちを欲しい人はいませんか」と記されています。

ここまでは、単に里親さんを募っているかのようなイメージですが、実は、飼育方法に問題があったのです。

偶然この男性の近所に住む人が、このFacebookの投稿を目にします。ご近所さんは、この男性が母犬を一切散歩させず、4年間も繋ぎっぱなしにしていることを知っていました。

しかも、母犬は3年間に3回も出産させられた上に、子犬たちはすべて姿を消していたのです。どうやらこの男性は趣味程度の知識しか持たない、バックヤードブリーダーだったようです。

犬の気持ちを親身に考える動物保護団体

引用の出典元:mrbonesandco.org

ご近所さんは、すぐに男性から母犬のナナと9匹の子犬たちを引き取り、地元の動物愛護団体・FFASに相談に行きました。

FFASは、ニューヨークの動物保護団体・Mr.Bones & Co.Rescueに協力を求めましたが、子犬たちはまだ目が開いていない状態です。

車で12時間も離れている場所までの移動は負担が大きいという理由で、大きくなるまではFFASで育てることになりました。

Mr.Bones & Co.Rescueの創設者であるフランクさんは、すぐにFFASを訪れて母犬と子犬たちの様子を見に来てくれます。

そう遠くない将来には自分たちが面倒看る犬たちです。スキンシップをはかっておくことで犬たちと信頼関係を築き、移動の際に少しでも安心できるように、と願っての訪問でした。

常に犬の状態や気持ちを優先して行動する姿は、まさに動物を愛してやまない証拠ですね。

子犬たちにユニークな名前が付けられる

引用の出典元:mrbonesandco.org

母犬は元々ナナという名前がわかっていましたが、フランクさんは9匹の子犬たちに素敵な名前を付けてあげます。

これだけの大家族ですから、とても悩んだのでは?と思いきや、なんとみなさんご存知の『ピーターパン』の登場人物名を子犬たちの名前にしました。これは良いアイディアですね!

主人公のピーターパンにティンカーベル、ウェンディーもいますよ!物語の登場人物が勢ぞろいです。

可愛いですね~。

しかも、全員元気に育っているのが何よりも嬉しいことです。

母犬が初めて人間に甘えた瞬間

引用の出典元:www.thedodo.com

バックヤードブリーダーから保護されて2ヵ月が経ち、もうニューヨークの動物保護団体に移動できるだけの体力が備わりました。

ナナと9匹の子犬たちは、大事に育ててくれたFFASのスタッフたちに見送られて、ニューヨークへと旅立ちます。

そして、9匹の子犬たちは、あらかじめ決まっていた一時預かりしてくれる人たちの家に行くことに。兄妹が離れてしまうのはちょっと寂しいですが、これも仕方のないこと。

母犬のナナは、わが子全員が引き渡されていくのを静かに見つめていたと言います。最後の1匹が引き取られるのを見届けると緊張がほぐれたのか、スタッフの体にもたれかかり、そのまま眠ってしまいました。

ナナは、「この人たちは怖くない、優しくてとても安心できる存在なんだ」と感じていたのでしょう。人間に甘えたこともなかった4年間だったのかもしれません。

保護されるまでは、人間に優しくされることも身をゆだねることもできなかったナナ。今、ナナは一時預かりの家庭で暮らしていますが、「ナナをこのまま家族にしたい」と家族は考えているとのこと。

子犬たちはひとまず一時預かりの家庭で暮らしていますが、9月24日に行われる譲渡会で里親さんを探す予定だそうです。

もうこれからは人間の道具や犠牲にならずに済みますね。全員が素敵な飼い主と出会えますように!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード