しつけの良いドイツの犬たち 

ドイツと日本の、犬を飼うことへの意識の違いのおもしろいところではありますが、ドイツでは「犬のしつけがきちんとできていれば、犬をリードでつなぐ必要がない」と思っている方が多いようです。

ドイツでは日常的に犬を繋いだままにすることはありません。

「できるだけ自由に」というのがドイツ人の犬に対する考えです。

もちろん人込みの多い電車やレストランなどではさすがにドイツでもリードをつけます。

日本人からすると「電車に犬なんて!」と思われるかもしれませんが、ドイツでは犬用の電車のチケットが販売されているので、これは決してマナー違反ではないのです。

レストランにも一緒に入れますが、食品を扱うスーパーには動物の立ち入りは禁止されています。

個人的には、スーパーがダメならばレストランもダメなのではないかと思ってしまいますが、そこには日本人には理解できないドイツ人の理論があるようです。

また、これだけ犬が多いと街中でも別の犬に遭遇することは日常茶飯事ですが、街中で犬同士が喧嘩している様子はほぼ見かけません。

ドイツの犬は、とにかくきちんとしつけがされているのです。

ドイツ人『犬を飼い始めたらまずしつけ』

ドイツの犬の飼い主は大半の場所には犬と一緒に出掛けます。多くの場所が犬の同伴を認めています。

ですので、外出先で余計な問題を増やさないために、きちんと犬のしつけを行います。

子犬を飼う場合には、子犬のうちにしつけ教室に通わせることになります。

小さい頃にきちんとしつけを行うことで、大人になってからしつけるよりも格段に早く身に付きますし、しつけ教室の値段も子犬と成犬では違うので、子犬の時にしつけた方が多くのメリットがあります。

ドイツ人はとくかく合理的に物事を考える国民性ですので、子犬の時にしつけをすることは非常に理に適っていることだと思います。

犬のしつけ教室・フンデシューレ

ベルリン近郊だけでも2000近くの犬のしつけ教室「フンデシューレ」があります。このフンデシューレの数の多さが犬のしつけに対する関心の高さを物語っていますよね。

子犬の場合はグループレッスンで、街中の音や他の犬に慣れさせる訓練などがあります。成犬の場合は、個人レッスンにてしつけを徹底させることになります。“徹底”という言葉を使うと非常に厳しいしつけ教室のようですが、基本的には犬たちが楽しく訓練出来るように工夫されています。

また、犬だけがしつけされても肝心の飼い主のマナーが悪かったり、犬に関して知識が乏しかったりするのでは意味がありません。

飼い主に対してレクチャーを行ったり、飼い主側もわからないことがあれば納得するまで質問や議論することもしばしばです。

今後10年以上を一緒に暮らしていくわけですので、まず飼い主の犬に関する知識ときちんとした犬のしつけが良好な関係を築いていくポイントのようです。

最後に

日本でもしつけ教室はたくさんありますが、活用している人はまだまだ少ないように思います。

しつけをきちんと行えば、犬ははきちんと応えてくれます。

それが動物遺棄や引いてはまだまだ高い日本の動物殺処分率を減らすことになると思いますので、ドイツ流の「犬を飼ったら、まずしつけ!」を実践してみてはいかがでしょうか?

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo