絶対に食べさせてはいけない野菜・果物

引用の出典元:shutterstock.com

ネギ類


犬にとって最も危険な野菜です。玉ねぎが一番有名ですが、他にもネギの仲間である野菜は絶対に与えてはいけません。にんにく、長ねぎ、にら、しょうがもネギの仲間です。これらが入ったものはたとえ加熱済みでも与えないようにしましょう。


ぶどう類


最近の研究で、ぶどうも犬に中毒症状を起こすことが分かりました。ぶどうやレーズンを食べさせると肝臓機能に障害を起こしてしまい、最悪死に至ることがあるようです。

人間の食べ物で犬が食べてはいけないもの

引用の出典元:shutterstock.com

カフェインが含まれる食べ物


  • チョコレート
  • コーヒー
  • ココア

犬にとってこれらの食品に含まれるカフェインは毒となります。人間であれば適度な興奮作用が働くのですが、犬にはこの作用が強すぎるからです。てんかんや痙攣を起こし、死に至ることもあるので絶対に与えてはいけません。


香辛料、調味料


犬に刺激物を与えると、消化器官を刺激して下痢を起こすことがあります。また人間のように肝臓や腎臓が強くないため、塩分の与えすぎには注意しましょう。


玉ねぎが含まれる食べ物


  • コンソメ
  • ハンバーグ

これらは玉ねぎを含む食品です。犬に食べ物を与えるときには原材料表示を見て、ネギ類が入っていないか確認する必要があります。


マカダミアナッツ


マカダミアナッツ中毒は、嘔吐や痙攣、高熱が出て最悪死に至る恐ろしい中毒症状です。ほんの少しの量で亡くなった犬もいるので注意してください。


キシリトール入り食品


キシリトールは低血糖状態を引き起こし、犬が死亡した事例もあります。ガム一枚程度でも中毒が起きるので絶対に食べさせてはいけません。歯みがき粉にも注意しましょう。

散歩のときに気を付けたい野外の食べ物

引用の出典元:shutterstock.com

散歩中、見ていない隙に何かを食べてしまうこともありますね。そういう時に食べていたら危ない食べ物をまとめました。

カエル


子犬のときなど、動いている生きものがいるとついつい触ってしまうもの。カエルは神経に作用する毒を皮膚から出しているので触らせないよう注意してください。


乾燥した海藻


以前に海外で乾燥した海藻を食べ過ぎて内臓が詰まり、死亡した犬がいました。毒性のある海藻もあるので、海辺を散歩させる場合は要注意です。


毒性のある雑草


犬は草を食べますが、レンゲやタンポポ、スズラン、トリカブト、スミレなど毒性を持つ草もあります。

犬の誤食を防ぐために

犬の誤食は思わぬところで起きてしまいます。誤って毒物を食べないよう、しっかりと対策をしましょう。

犬の誤飲を防ぐ5つの対策


  • 犬の手の届くところに食べ物を置かない
  • 散歩中の拾い食いをさせない
  • 原則として人間の食べ物は与えないようにする
  • 与える前には原材料表示をよく確認する
  • 原材料の分からないものは与えない


犬の中毒の原因の大半は誤食によるものです。せっかく飼い主さんが知識をつけても、犬が勝手にそれを食べてしまっては意味がありません。

また、梨などの果物や生肉など犬の体調によっては下痢をしてしまうものもあるので、人間の食べ物をおすそわけするときも大量にあげたりはしないようにしましょう。
犬が毒物を食べてしまわないよう、きちんとした管理を行っていきましょうね


無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo