夜の公園で彼女に迫る魔の手

引用の出典元:nypost.com

とっぷり日も暮れた夜の10時、ニューヨーク市ブルックリン・レッドフックの公園でこの事件は起きました。ブルックリンにはアーティストが多く移り住み、おしゃれな雰囲気のある比較的高級エリアです。

レッドフックはブルックリン北部の治安の悪さに比べればさほど危険はないのですが、夜間は暴力犯罪などに巻き込まれることもあるエリアです。

それを知ってか知らずか、18歳のマヤさんはひとり、彼氏のカルロスさんの愛犬"アポロ"を連れて夜の公園で散歩を楽しんでいました。

しかし、暴漢の恐ろしい魔の手は、マヤさんのすぐそばまで来ていたのです。

彼女を襲った恐怖の瞬間-顔を見たら殺される…

引用の出典元:www.photo-ac.com

マヤさんはヘッドフォンを装着した状態で、アポロのリードを外して遊ばせていました。すると突然、マヤさんのヘッドフォンが外されます。

マヤさんは、てっきり彼氏のカルロスさんが部屋から公園に来て、からかって外したのだろうと振り向くと…!

恐ろしいことに、彼女のヘッドフォンを外したのは彼氏ではなく、まったく見ず知らずの男だったのです。

男はマヤさんを地面に押し倒したかと思うと、彼女のズボンを脱がせようとします。

あまりにも突然の暴漢の出現に、マヤさんは恐怖で身動きすることができません。

ただ、こんな時犯人の顔をじっくり見たら殺される、と聞いたことがあったため、目を固く閉じていました。

広い公園の片隅で彼女の身に起きている危機を、部屋にいた彼氏は気付く由もなかったのです。

頼みの綱のアポロが危機に気が付いた!

引用の出典元:nypost.com

マヤさんは必死に抵抗する中、「暴漢はアポロが公園に離されていることに気が付いていないはず」とアポロが助けに来てくれることを祈ります。

その瞬間、わずか5ヶ月のアポロが暴漢の足に噛み付きました。アポロはマヤさんを助けるために必死です。「何としてもこの男をマヤから離さなければ」、と絶対にその牙を抜きませんでした。

アポロが男の足を噛んでいる隙に、マヤさんは急いで逃げます。その様子を確認したアポロは、男の足から口を放しました。

もちろん、暴漢はその場から一目散に逃げ去り、マヤさんは危機から免れることができたのです。

ピットブルのアポロはヒーローに昇格!

引用の出典元:www.newsday.com

マヤさんはアポロを連れて一目散に彼氏の待つ部屋に戻ります。事態を聞いたカルロスさんのお姉さんのデスティニーさんは、彼女と一緒に地元警察に行き、この事件を報告しました。

犯人は捜索中で、まだ見つかっていないとのこと。その後、メディアからの取材に対して、次のように語っています。

お姉さんは「私はそこにいませんでしたが、アポロはだからこそ助けることができたんだと思うわ」と、勇敢なアポロを褒めました。

彼氏の母親ソニアさんも、「マヤさんが無事に逃げられたのはアポロのおかげだわ。今では飼っていて良かった」と、心境を語っています。

さらに、ピットブルという犬種に対しての認識が改まったことを次のように語りました。

「当初、この犬(ピットブル)を飼うことは望んでいませんでした。だけど今は違うわ。アポロはマヤを救ったヒーローだもの。もちろん、彼女がそんな辛い体験をしたことは悲しいけど、少なくともアポロがいたからこそ逃げることができたんだから。」

ピットブルという犬種には、多くの偏見があります。きっと彼氏の母親も偏見を持っていたのでしょう。しかし、ピットブルのアポロに限らず、元来、犬は大好きな飼い主家族を守ろうとする本能があります。

この事件で勘違いしてはいけないのは、ピットブルだから暴漢を噛んだのではなく、犬の本能がマヤさんを助けたと捉えるのが正解ではないでしょうか。

アポロの活躍で、少しでもピットブルへの偏見が変わると良いですよね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード