身勝手な飼い主に捨てられた犬は震えていた

引用の出典元:notasdemascotas.com

ステファニーさんは、メリーランド州、ボルティモアにあるパターソン公園で、愛犬2匹といつものように散歩を楽しんでいたのですが、信じられない光景に出くわし衝撃を受けます。

あろうことか、公園の樹木に犬が繋がれて放置されていたのです。ステファニーさんによれば、その日は特別に寒い朝で、手足がかじかんで感覚がなくなるほどだったそうです。

木に繋がれた犬の近くには、クレートとフード、オモチャなどが入ったストッカーが置かれていました。さらに数メートル先には、紛れもなく捨てられた証拠となる『1枚のメモ』が転がっていたのです。

『僕の名前はデュークです。ここに僕のお気に入りのオモチャと食べ物があります。僕は新しい飼い主を探しています』

放置された犬を助けようとする人々

引用の出典元:www.today.com

こんな寒空に短毛種のデュークが放置されたことに胸を痛めたステファニーさんは、すぐに911に通報を入れました。

そして、Facebookグループのみんなに目の前で起きている悲しい出来事を報告し、どうすれば良いのか支援を求めました。

到着までの時間だけでもなにかしてあげたいと、ステファニーさんは近くのベンチに腰掛け、デュークに話しかけます。

しかし、デュークは人間不信に陥っているようで人からの愛情を拒否し、近づかれることさえ怖がっていました。

別の女性、レスリーさんは、愛犬との散歩から帰ってきたご主人から、「白い犬が木に繋がれていた」と聞き、すぐに愛犬を連れて公園に出向きました。

レスリーさんもまた、Facebook上に「寒さで震えて、明らかに怖がっている犬がいます。この犬を知っている人がいたら助けてください!」と投稿し、911にも連絡を入れました。

動物管理局に保護されて

引用の出典元:notasdemascotas.com

ステファニーさんが呼びかけたことで、グループの人たちは毛布や温かい飲み物を持って公園に集まってきます。誰もが目の前の犬の悲しみを共有していました。

この辺りを散歩する人たちは、みな愛犬家にふさわしい温かい心の持ち主です。

ステファニーさんは、「デュークを捨てた飼い主は、ここに捨てれば優しい人に保護されると思っていたのかもしれません」と語っています。

通報から50分後、警察官が到着し、ステファニーさんは例のメモを手渡しました。さらに10分後には動物管理局の職員が到着し、犬は怖がっていて誰も寄せ付けないことを伝えます。

保護されていくデュークの背中を見送りながら、彼の手足が凍えてはいないかとても心配だったそうです。

「人格」に恋した里親が決まる!

引用の出典元:notasdemascotas.com

動物管理局に保護された当初のデュークはまだ怯えていましたが、職員たちからの愛情を受けるごとに心を開き始め、すぐに尻尾を振るようになりました。

問題行動も一切なく、デュークはいっぺんに職員たちのアイドル的存在になります。

多くの人が鳥のさえずりや散策を楽しむ公園に犬が捨てられたことを、メディアも取り上げました。そのことでデュークの存在が全米に知られることとなり、何人もの里親希望者が現れました。

飼い主が直接動物管理局に持ち込んでいれば、すぐにでも里親に引き渡せるのですが、デュークのように遺棄されていた犬は一定の保留期間が必要です。

そして保留期間が解禁され、最適な里親選びが始まりました。デュークの新しい飼い主は、アメリカ陸軍に所属する、ウォレスホワイトさんに決定します。

実はウォレスさん、デュークの事件が報道されたことはまったく知りませんでした。管理局を訪れた際に、その「人格」に一目惚れしたのがデュークだったのです。

一度は飼い主に捨てられて人間不信に陥ったデュークでしたが、たくさんの人の手を借りて、ようやく永遠の家族に出会うことができました。

動物管理局では、絶対に犬を捨てないでほしい、犯罪である、と強く警告しています。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ