犬の搭乗拒否で夫婦がとった信じがたい行動

引用の出典元:metro.co.uk

オクサナとアレクサンダー・ウルゾウ夫妻は毛足が長い小さい愛犬トリを連れて、その日ロシアのコルツォヴォ国際空港から、ホリデーを過ごすためドイツ・ハンブルグへ向かう予定でした。

ところが、犬の搭載に必要な書類に不備が見付かり、航空会社社員に搭乗を拒否されてしまいます。

通常なら、搭乗便や日程を変更したり、誰かに犬の面倒を見てもらうよう手配するところですが、この夫婦は信じられに行動に出ます。なんと、アレクサンダーは犬をターミナルの外へ連れ出し、極寒の中震える犬を置き去りにしたのです。

犬を連れずにチェックインカウンターに戻って来たアレクサンダーは、犬を友人に預けてきたのだと職員に嘘を告げました。そして、自分たちだけで飛行機で飛び立ってしまったのです。

捜索願いを出すも、犬はすでに変わり果てた姿に

引用の出典元:metro.co.uk

可哀想なこの犬は、3日後に凍死した状態で発見されました。ロシアの冬が厳しいことは言うまでもなく、外の気温はマイナス30度にもなります。

さらに、犬が人の出入りが少ない場所で見捨てられたこと、夫婦がハンブルグに到着してから3日も経過した後に犬の捜索願を出したことも、状況の悪化に拍車を掛けたのです。

祖母宅で愛犬との再会を楽しみにして待っていた子供たちは、両親と一緒にハンブルグに来るはずだった愛犬がいないことに、ひどく取り乱したと言います。

『愛犬を探しています。薄いショウガ色がかかった白っぽい小型犬です。子供が泣き止みません。どなたか私たちを助けてくれませんか?罰金なら払います。』

そんな文面でトリを探そうと試みた夫婦。しかし、残念ながらそのころには、トリはすでに冷たくなっていました。

世界中からの怒りの声

航空会社職員が犬を受け入れなかったために、犬を置き去りにせざるをえなかったと主張する夫婦。しかし、コルツォヴォ国際空港のスポークスマンは夫妻は空港職員に助けを求めるべきだったと厳しく批判。

「もしわれわれがこのことを知っていたら、少なくとも極寒の中で犬が死ぬことはなかったでしょう。ターミナルに近い場所やターミナル内であれば、犬は保護されていたはずです。」

トリの悲劇はイギリスのDaily MailやMetroでも大きく取り上げられる事態に発展。愛犬に対する非道で冷酷な夫婦の仕打ちに、世界中から多くの非難の声が上がっています。

「こんな夫婦は刑務所へ入れられるべき。子供から離しておくべき。ひどすぎる親だ。」「彼らも極寒の中で過ごしてみればいい。犬はおもちゃではなく、わたしたちと同じように痛みも寒さも恐怖も感じる生き物なのに。」

現在、夫婦はしかるべき制裁・処罰を受けるべきだとして、すでに7000人以上の署名が集まっています。

参照:Dog freezes to death at airport after couple dump her outside because she wasn’t allowed to fly

非常識で無責任過ぎる親。懸念される子供への影響

引用の出典元:metro.co.uk

氷点下の中、犬を置き去りにすることが何を意味するか、成人した人間であれば分かって当然です。

この夫婦にとって、愛犬は大切な家族の一員ではなく、自分たちの予定を邪魔する存在でしかなかったのでしょうか?この夫婦は親として、どのように命の尊さや責任感を子供に教えるのでしょうか?そして、子供たちは愛犬に起きたことを知ったとき、何を思うのでしょうか?

寒い中、怯えながら夫婦を待っていたトリを想像すると、胸が痛みます。ロシアが動物虐待に対し、どのような処罰が課すのか(もしくは、処罰がないのか?)定かではありません。

しかし、愛犬家には絶対に許せないショッキングなニュースです。夫婦がどれだけことの重大さを実感しているのか知る由もありませんが、しかるべき制裁を受けることを望みます。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ