獣医が穀物フリーのドッグフードをオススメする理由

引用の出典元:shutterstock.com

犬は、古来肉を主体とした食生活を経て現在に至っています。しかし、現代は犬が自分で狩りをして肉を食べることもありませんし、生肉を毎日与えるのも、経済的に一般的ではありません。

犬の消化器の機能から見ると、肉のタンパク質をエネルギーに変えるようになっています。ところがドッグフードの原材料欄を見てみると、トウモロコシ、小麦、米、などの穀物が最初に記されていることが多いのです。

通常、原材料の記載は最も多く含まれるものから記されています。今与えているドッグフードの表記を、一度確認してみてくださいね。

犬はあくまでも肉食動物なので腸が短く、穀物を分解するアミラーゼという酵素がないため、上手に消化吸収することができない体なのです。

獣医は犬の体を熟知していますから、穀物が極力使われていないドッグフードをオススメするのです。

ドッグフードでアレルギーに?!

犬のアレルギーが増えているのはご存知ですよね。小麦アレルギーで毛が抜ける、下痢が続く、といった症状によって、病院にお世話になっている犬も多いようです。

小麦はグルテンの含有量が多いため、消化酵素を持たない犬はアレルギー反応を起こすことがあります。

他にも、ドッグフードに含まれる添加物も、アレルギーを引き起こす一つの原因になっていると考えられています。

多くのドッグフードには、人工添加物、着色料、保存料、香料が添加されています。いかにも肉っぽい色や臭いに見せる、腐らないためなど、人間の都合で添加されています。

小麦や、こういった添加物は、人間のみならず犬の世界でもアレルゲンとなり、犬のアレルギーを引き起こす可能性があるのです。

ですから、動物病院の獣医は、「まずは、ドッグフードを変えてみましょう。」と仰るのですね。

穀物不使用のドッグフードなら、犬もしっかりと消化吸収できますので、飼い主も安心して与えられます。



プレミアムドッグフードの特徴

引用の出典元:shutterstock.com

獣医は犬のことを考えて、主原料は何なのか?栄養は?添加物は?犬の体をサポートしているか?このような点を基準にドッグフードの良し悪しを判断します。

プレミアムドッグフードとは、メーカー名ではなく、原料や栄養にこだわり、着色料といった無益な添加物が無添加であることを最低条件としたドッグフードです。

原材料にこだわっているので、金額的にもスーパーで購入できるドッグフードよりは高いのが特徴です。

しかし、どんな肉を使っているのか、といったことがわかるので、飼い主として非常に安心できます。粗悪なドッグフードの原料の実態は、知らないほうが良いぐらい悪質ですから。

犬の寿命は人間のわずか1/6程度です。犬の体にとって安心できるドッグフードを与えてあげたいですね。

獣医もオススメ!・プレミアムドッグフードの詳細はこちら

穀物不使用のドッグフードは愛犬への想いから生まれた

引用の出典元:shutterstock.com

獣医もオススメのプレミアムドッグフードとして、「ネルソンズドッグフード」が挙げられます。ネルソンズの生産者はイギリスでも屈指の、ビーグルのトップブリーダーでもあります。

ブリーダーは犬の毛並みだけでなく、骨格を含めた健康な犬を育てなければなりません。そのためには、穀物を極力排除し、高タンパク質、低炭水化物のドッグフードであることが必要でした。

しかし、当時の市場には、そこまで高品質のドッグフードが存在しなかったのです。

マイク氏とマーガレット夫妻はブリーディングをする中で、犬の体を考えた高品質のドッグフードを、手軽な価格で提供できないものか、と感じ始めます。

穀物不使用だけでなく、犬の健康をサポートするために、サーモンオイルや海藻やオリゴ糖といった栄養面にも配慮しています。

不足しがちなグルコサミン・コンドロイチンも配合されていますので、関節を傷めやすい競技や老齢の犬にも安心して与えてみて下さい。

ネルソンズドッグフードは、こうしたブリーダーならではの熱い想いが詰まったドッグフードです。

驚くことに、ネルソンズドッグフードは大量生産品ではなく、注文を受けてから生産を開始するというこだわりようです。こんな点にも創業者のマイク氏の犬への深い愛情が感じられます。

ネルソンズ(全犬種用/7ヶ月~7歳)の詳細はこちら

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード