犬が私たちの生活を豊かにしてくれる

引用の出典元:pixabay.com

犬のいる生活は人間の私たちに喜びや楽しみ、安らぎを与えてくれます。

犬を飼っていない人でも、道端や公園で可愛らしい犬を見かけて自然と心が和んだり笑顔がこぼれるような経験があるのではないでしょうか。

それを証明するかのように、病院や介護施設・刑務所などでも犬との触れ合いが積極的に導入されストレスを和らげる効果があるとますます人気になっています。

犬は人間の社交性を広げる手助けをしてくれる

引用の出典元:www.flickr.com

イギリスのウォーリック大学のJune McNicholas と Glyn M. Collis は、犬が人間の健康的な心理状態を向上させることができるという研究を発表しました。

彼らは人が犬と出掛けた時とそうでない時の社会的な遭遇を記録したところ、犬を連れた人は連れていない人の3倍以上も社会的相互作用があることが分かったのです。

犬を連れて歩くと知らない人との交流が95%できる?!

引用の出典元:www.flickr.com

犬を連れて歩いた時の社会的相互作用の実験では、犬の存在が見知らぬ人との接触に大きな影響を与えていると見られました。

なぜなら犬を連れて歩いている実験者の95%が見知らぬ人との何らかの接触があったからです。

やはり犬を連れて歩いていない人よりも犬連れの人の方が、社交的な性格の人を惹きつける魅力があったり、知らない人から見ても社交性がある性格の人に思われる要素が犬を連れていることで生まれるのかもしれません。

犬を連れている人には親近感が湧く?!

引用の出典元:www.flickr.com

犬を連れて歩いた時の社会的相互作用の実験では、犬を連れていることでその人の外観に親近感を感じられる効果があると見られました。

人が「出会う」時には、スマートな格好の人の方がだらしない容貌の人よりも20%「出会い」に繋がる接触があることが分かります。

しかし犬を連れているとその人の見た目の印象が見知らぬ人に与える影響が犬の存在によって少なくなっていたのです。

少なくともイギリスでは、犬を連れて歩くことで社会的障壁の一部を取り除くことができると分かりました。

犬を連れて歩くことが人間の社会生活に強いポジティブな影響を与え、その人の人生に社交性という楽しみを運んできてくれるということが証明されたのです。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi cba-kyoto
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード