犬の目が病気になりやすいワケは?

引用の出典元:shutterstock.com

犬の目の病気の原因は外傷が多いようです。散歩のときに草むらで目を傷つけたり、犬同士で喧嘩をしたりじゃれあったりして目に外傷を負ってしまい病気になりやすいのです。

さらに、犬には瞬膜という人間にはない第3のまぶたがあります。 この瞬膜が病気にかかることもあります。

犬の目の病気いろいろ、どんな病気があるか知っておこう

引用の出典元:shutterstock.com

・炎症
犬の目の病気で最も多いのが炎症です。
白目が炎症を起こす結膜炎、黒目が炎症を起こす角膜炎は、犬のまぶたが腫れ、目から涙や目やにが出るのが病気の特徴です。
・白内障
犬の目が白く濁る病気です。 加齢や遺伝、糖尿病が原因で起き、病気が進行すると視力が低下します。
・涙やけ(流涙症)
犬の目から涙があふれ出る病気です。 何らかの原因で涙の分泌量が増え、この病気になると目の周りの毛が茶色く変色します。
・ドライアイ
涙の量が少なく目が乾燥するこの病気、犬の間ではよく見受けられます。
・緑内障
目が飛び出した状態になり、赤や緑に見えることがあります。放置すると失明の恐れがある怖い病気です。

目の病気のサインを見逃さないで!

引用の出典元:shutterstock.com

犬は目に不調があっても、病気の辛さを飼い主さんに伝えることはできません。犬の目を日頃からよくチェックして、病気のサインを見逃さないようにしましょう。もし、以下のような症状が犬の目に見受けられたら病気の恐れがあるので早めに動物病院へ連れて行き病気の症状を診てもらいましょう。

・涙が止まらない
・目やにが多い
・物にぶつかる
・痛みがある
・眼球の色がおかしい
・左右で目の大きさがちがう
・目頭が腫れている
・瞬きの回数が多い

犬の目の病気はどうすれば予防できる?

引用の出典元:shutterstock.com

普段から犬の目の周りを清潔に保つことで、炎症のリスクを抑え病気を防ぐことができます。
シャンプーは炎症の原因になるので、濡れタオルで犬の目をきれいにしてあげましょう。
長毛種の犬は目の周りの毛を短くカットして、毛が目に入らないようにしてあげるなら病気の予防にもなります。

目の病気は早期発見・早期治療が鍵となります。 犬が目の周りを触っても怒らないよう、普段からたくさんスキンシップをしてあげるなら病気になってもしっかりケアをしてあげる事が出来ます。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi しおすけ
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード