炎の中に取り残されたピットブルの子犬

引用の出典元:www.facebook.com

アメリカのサウスカロライナ州で火災が起きました。火災を発見したのは、現場近くに住む消防士のビル・リンドーラさん。

すぐさま消火にあたるなか、ガレージから子犬とその母犬らしき犬たちが這い出ていることに気が付いたのです。しかも、まだガレージの中には脱出できない子犬がキャンキャンと鳴いています。

消防車が駆け付けると、ビル・リンドーラさんは消防服を身にまとい、再び炎の上がるガレージに戻り子犬の救助に向かいました。

ガレージから出てきた消防士の腕の中には、全身に大火傷を負ってしまった一匹のピットブルの赤ちゃんが・・・。

奇跡的に命が助かったのに誰も迎えに来ない

引用の出典元:www.facebook.com

ビル・リンドーラさんは、全身焼けただれ、呼吸が停止している子犬に人工呼吸を行いながら、動物病院へと急ぎます。「助かってくれ、頑張れ・・・。」

病院での処置が功を奏して、なんとか子犬の命は助かりました。しかし、獣医の診断は、全身の75%もの火傷を負っているようでは、生き延びるのは難しいかもしれない、というものでした。

子犬の背中には、えぐられたような深い火傷がたくさんあり、治療には数週間はかかります。そして膨大な治療費も。

数週間後、子犬は奇跡的に回復し、あとは飼い主さんが迎えに来るのを待つばかりです。しかし、飼い主がこの子犬を病院に迎えに来ることはなかったのです。

うちの子として一緒に生きよう!

引用の出典元:www.facebook.com

ビル・リンドーラさんは、獣医から飼い主に見捨てられた子犬のことを聞き、自分の家族として迎えることを決めました。獣医の計らいで、子犬が負った火傷の治療費は免除されることになりました。

子犬は「ジェイク」と名付けられ、ビル・リンドーラさんの先住犬たちや家族全員に見守られながら、犬として楽しい経験をたくさん積んでいきます。

まだまだ背中の火傷跡は痛々しい状態ですが、ボール遊びもできるようになります。成長途中でありがちな、ソファーを食いちぎる楽しさも覚えました!

飼い主に飼育放棄されたジェイクは、彼が引き取ってくれなければ、おそらく殺処分の運命にあったはずです。

一人の消防士の存在によって、火災現場から救出されただけでなく、2度も命を繋ぐことができたのです。

パパと同じ消防士になったジェイク

引用の出典元:www.facebook.com

ある日、ビル・リンドーラさんは、自分の職場である消防署にジェイクを連れて行きます。ジェイクのあまりの可愛さに消防士たちはメロメロです。消防署内にもジェイクの居場所が作られました。

火災現場から戻った消防士たちも、いつも出迎えてくれるジェイクに心が癒されるといいます。

気が付けば、ジェイクは体も心も大きく成長し、火傷の傷も回復していました。そして今、ジェイクはパパと同じハンナン消防署の「名誉消防士」として活躍中です。

地元の学校の防災講習にジェイクを連れて行き、ジェイクの火傷の写真を見せながら、いかに火災が恐ろしいかを体感してもらっています。

今後のジェイクは、火災や火傷で傷付いた子どもたちのセラピードッグとして、さらには放火探知犬としての活躍も期待されています。

火災の恐怖や飼育放棄という悲惨な運命を乗り越えたジェイク。背中の火傷の傷跡は大きな勲章として人々を勇気づけ、生涯たくましく生きていくでしょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード