17匹の闘犬が救出された

引用の出典元:www.viralnova.com

アメリカの動物愛護協会が、違法な闘犬を行い続ける犯人の存在を知り救出現場に向かうと、闘犬たちが劣悪の小屋に太い鎖で繋がれていました。

現場にいた17匹の闘犬すべてが救出されました。今回の主人公となるピット・ブル・テリアと思われる「サム」も他の犬たちと同様に、小屋の奥のほうに隠れていました。

協会のメンバーを見たサムは、本能的に「この人はきっと僕を助けに来たんだ!」と感じたようで、おとなしく抱えられています。

アメリカにおいては賭け事の一端として闘犬が行われるケースがある。ルールなしのデスマッチ形式で、飼い主が相手の飼い主に謝らない限り試合は続行され、場合によっては死ぬまで戦わせる。

出典:闘犬 - Wikipedia

見るのも忍びないサムの顔に心が痛む

引用の出典元:youtu.be

救助された17匹の中でも、サムの顔は見るに堪えられないほどの傷跡が。人間の勝手でどれだけの恐怖や痛みを伴って生きてきたのか、と思うと心が痛みます。

闘犬として勝ち残るには、決して鳴いてはいけないのです。噛まれても鳴かないよう、サムにも激しい調教が行われてきたのです。

アメリカでは50の州において、闘犬は動物虐待にあたる、として法律で禁止されています。ドイツではいわゆる闘犬として改良を受けた犬種に関して、飼い主に厳重な注意勧告がなされています。

里親の元で楽しい時間を過ごすサム

引用の出典元:www.facebook.com

協会によって救出・保護されたサムは、その後、里親家族に引き取られ、普通の犬たちが当たり前に受けている愛情をたくさんもらいながら過ごします。

時には水浴びを楽しんだり、仮想パーティーの楽しい時間も経験できました。サムが人間との触れ合いを喜ぶ姿には、なんとも心がほっこりします。

サムがこんなに嬉しそうな顔を見せてくれたことに、世界中の愛犬家も心から祝福をしました。

そして3年後、サムは人間からの深い愛情と楽しい思い出を胸に、静かに虹の橋を渡っていきました。

日本での闘犬は文化なのか、虐待なのか?

引用の出典元:pressunleashed.com

闘犬は文化なのでしょうか、それとも動物虐待なのでしょうか?
闘犬に関して、日本でも条例で禁止している自治体も存在します。

高知県においては現在でも行われている。現在、東京都、神奈川県、富山県、石川県、北海道の5自治体では闘犬取締条例で闘犬は禁止されている(北海道では土佐犬に関してのみ許可制)

出典:闘犬 - Wikipedia


また、この闘犬に関しては様々な見解が見受けられます。


全国各地で闘犬大会はありますが、NPO法人全土佐犬友好連合会の傘下団体であることを確かめて、大会に行ってみてください。ネットの情報だけを信じるのではなく、ぜび自分の目で確認して、それで発言してくれれば、それがアンチだろうとなんだろうと、いいと思います。

出典:アンチ土佐闘犬な人にあえて伝えたいこと。 | 素人による素人のための土佐犬ブログ

格闘家の山本KID(山本徳郁)がTV番組で闘犬愛好家にブチギレて「あんたが戦えばいいんじゃないの?」と発言したことで、ネット上で賛同する声が多く寄せられている。

出典:山本KIDが闘犬愛好家にブチ切れ!「犬を傷つけあわせて喜ぶんだったら飼い主も殴りあえ!」 | netgeek


実際に闘犬に関わっている方々は、とても愛情深く育てています。「犬への愛情」という面にスポットライトを当てるなら、アンチ闘犬派や愛犬家と同じです。

しかし、「犬同士をあえて闘わせる」という面にスポットライトを当てると、その必要性があるのだろうか、と闘犬に携わらない人からの理解は得られにくい現状があります。

現代のように娯楽が多様ではなかった時代から続く闘犬の歴史ですが、果たして闘犬は日本の文化なのか、それとも動物虐待なのか。

あなたは闘犬に関して、どう考えますか?

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード