犬が寝言を言う睡眠の仕組み

引用の出典元:pixabay.com

昼夜に関わらず、犬が寝ている時に寝言を言うのはなぜでしょう?犬も人間と同様に、ノンレム睡眠とレム睡眠のリズムを持っていますので、寝言を言うのです。

犬が熟睡状態の時はノンレム睡眠、犬がウトウトと浅い眠りの時はレム睡眠、という仕組みになっています。

ノンレム睡眠時には脳は休んでいるのに体は起きている状態です。犬が少々の音では起きない状態であれば、ノンレム睡眠時という事ができます。

レム睡眠時には脳は動いているのに体は休んでいる状態なのです。犬が夢をみて寝言を言っているのは、脳が動いているレム睡眠時です。

実は犬が寝言を言っているのは、何かを追いかけていたり、怖かったり、楽しかったりといった記憶を整理している状態なのです。

犬の寝言は脳のストレスを発散している時間!

引用の出典元:pixabay.com

犬が寝ている間に記憶を整理しているという事は、学んだり感じた事を一生懸命構築し直している為、脳にストレスが生じている状態だ、という事ができます。

人間も一生懸命勉強すると脳がストレスを感じて疲れますよね。眠ると脳もスッキリします。

犬も同様で、犬が寝言を言いながら眠っている時は、学習によって脳が感じているストレスを発散していたのです。

犬がその日に特別に記憶に残るような出来事があれば、それを夢で学習し直してリセットしているのでしょう。

寝言だけでなく、「ヨシッ!」と言われた過去の記憶を思い出して、ご飯を食べているようなしぐさもみられます。

レム睡眠という摩訶不思議な機能を使って、犬は脳にストレスを溜めない為に寝言を言っているのです。

犬が寝言を言っている時は起こしたほうが良い?

引用の出典元:pixabay.com

犬が寝言を言う時は記憶を整理しているので、犬が寝言を言っている最中に起こしてしまうと、上手く整理が進まずにストレスになってしまうと言われています。

お散歩中に知らない犬と出会って怖かったり、長時間のお留守番で寂しかったりした感情を、寝言を言いながらリセットしています。

犬が遠吠えのような大きな声で寝言を言っていても、起こす必要はないのです。逆に寝言の最中に起こされると、脳はそのシーンの続きだったりしますので、整理できないだけでなく、間違って飼い主を噛んでしまう犬もいます。

犬の寝言をそっと見守って

引用の出典元:pixabay.com

いかがでしたか?犬が寝言を言う原因は本当にストレスなのかをお伝えしました。

犬の寝言は記憶を整理整頓し、学習タイムでもあるので、脳が感じたストレスを発散している状態です。決して犬が起きている時のストレスを感じて寝言を言っている訳ではないのです。

犬が寝言を言いながら、口をクチャクチャしたり、走っているかのごとく足をパタパタ動かしている姿はなんとも可愛いものですね。

犬が寝言を言っている時は、起こさずにそっと見守ってあげて下さいね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード