バックヤードブリーダーの元から子犬を引き取ることに

引用の出典元:www.thedodo.com

レザさんが子犬たちの存在を知ったのは、ある少女がFacebookに投稿した記事でした。

その少女によると、近所の人が飼っている犬が赤ちゃんを産んだものの、母犬が死んでしまったため困っているというのです。

以前にレザさんは子犬をミルクで育てた経験があることから、なにか手助けができるかもと飼い主の男性に連絡を入れることに。

すると、まだ生後3日の子犬を4匹すべて引き取ってくれないか、と言ってきたのです。このときは、まさかこの男性がバックヤードブリーダーだとは知りませんでした。

男性の住むロサンゼルスまで子犬を迎えに行くと申し出たレザさんに、男性は訪問されることを断固拒否し、カリフォルニア州のリバーサイドという街で引き渡すと言うのです。

なにか不審なものを感じたまま、レザさんは子犬4匹を引き取りました。受け取った子犬の体はかなり小さく、2匹はアルビノでした。

4匹のうち生き残ったのはアルビノの1匹だけ

引用の出典元:www.thedodo.com

自宅に連れ帰った子犬たちは、子猫ほどの大きさで片手にすっぽりと収まってしまう小ささです。

子犬は間違いなく生後3日にしては小さかったのですが、このあと呼吸がおかしくなり血を吐くまでは、身体に異常があることはわかりませんでした。

吐血が起きたため、すぐに動物病院に駆け込みましたが獣医の処置もむなしく、その日1匹が亡くなってしまいます。

さらに48時間後、2匹の子犬の命もはかなく消えてしまい、残されたのはアルビノの子犬1匹のみでした。

過酷な運命を乗り越えて生き延びた子犬

引用の出典元:www.facebook.com

親も兄妹もすべて失ったアルビノの子犬は"ラッキー"と名付けられ、必死に生きようとします。しかし、レザさんは、亡くなった子犬よりもさらに小さいこの子の命はもたないかもしれないと感じました。

しかし、ラッキーは死の淵から生還し、少しずつ元気を取り戻していきます。2週間後、ようやくラッキーの目が開きましたが、右目はひどい感染症にかかっており摘出せざるを得ませんでした。

小さな体で片方の目まで失うことになったラッキーですが、これ以後はミルクも飲み順調に成長していきます。

障がいのある彼をまるごと愛してくれるレザさんとの出会い、そしてなによりラッキーの生命力の賜物です。

成長したラッキーの逞しい立ち姿に感動

引用の出典元:www.instagram.com

アルビノには紫外線による皮膚がんや白内障のリスクがあると獣医から言われたレザさんは、当初はラッキーを外出させないほうが良いと考えていました。

しかし、ラッキーの残された左目と彼の五感すべては、どうしても外の世界を知りたくてたまりません。

そこで、ラッキーの目を守るための紫外線を通さないゴーグルや洋服を利用して外へと連れ出します。

風や音を感じて大満足のラッキー。凛とした立ち姿からは、生き残っただけの強い魂を感じます。

ラッキーは自らに与えられた運命を受け入れ、さらに幸せになるために前向きに歩み続けているのです。

レザさんもラッキーとの出会いを喜び、逞しく成長した姿をInstagramやFacebookにアップしています。

ラッキーは、これからの長い犬生をベガさんとともに歩み、たくさんの幸せを満喫していくことでしょう!

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード