犬の爪切りは定期的に!

引用の出典元:shutterstock.com

小型犬は定期的に爪の伸び具合をチェックして、必要に応じて爪きりをしてあげることが大切です。

大型犬や中型犬は、外で運動することで爪自体も短くなっていくことがあります。しかし、散歩の仕方によっては、爪がどんどん伸びていってしまうこともあります。

犬の爪切りのコツは、短時間で済ませてしまうことがポイント。
爪切りをストレスに感じる犬も多いですし、飼い主さんのドキドキも伝わってしまうこともあるんです。

まずは爪切りの道具を揃えよう

引用の出典元:shutterstock.com

爪切りの道具は、ホームセンターやペットショップなどで簡単に手に入れることができます。



犬の爪切りで用意するもの


  • 爪切りそのもの
  • やすり
  • 止血剤(念のため)

基本的には、爪切りとやすり、止血剤も用意しておくと安心です。やすりは、人間用の物でも構いませんが、犬の爪はとてもしっかりしています。よく切れるものを用意しておきましょう。止血剤は、粉末状になっています。

上手な爪切りのコツ

引用の出典元:shutterstock.com

爪切りを行う前に、まずは透けて見える血管を確認しましょう。この手前まで切ることが目安になります。

愛犬の爪の長さは地面につくかつかないかを基準に考えます。フローリングを歩いていて、愛犬の爪の音がするようになったなと思ったら、そろそろと思ってよいでしょう。

爪切りの際は、血管を確認したらしっかりと肉球を押さえます。黒い爪で血管が見えない時は、断面をチェックしながら少しずつで構いません。まずは後ろ足からスタートします。

愛犬が途中で嫌がってしまう場合は一旦ストップ。一度にやるのではなく、少しずつ慣らしていくことが上手に爪切りを行うコツです。

数日かけて行ったり、肉球に爪切りを当てただけで終わりにするなど、愛犬にトラウマを作らないように注意しましょう。

爪切りに対して、一度嫌な思いをしてしまうと、その後なかなか爪切りをさせてもらえなくなる場合が多いです。少しずつ恐怖心を取り除いてあげましょう!

無理は禁物!爪切りができない場合はプロに任せよう!

引用の出典元:shutterstock.com

どんなに工夫しても、爪切りが苦手な犬もいます。足を触っているだけで怒ってしまう犬や、かつての爪切りがトラウマになってしまった犬など、心配な場合は、無理せずトリマーや獣医師に相談しましょう。

決して、無理やり爪切りを行ったりはしないでください。

犬の爪切りは、飼い主さんも心配な気持ちも移ってしまいます。日頃から、たくさんボディタッチをして、どこを触られても大丈夫な関係を愛犬と築いておくとよいでしょう。

自宅での爪切りのコツ、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ayuka
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード