女性の目の前で行われてた恐ろしい動物虐待

引用の出典元:www.dogingtonpost.com

アメリカ・テキサス州ミッションで、ジャーマンシェパードの飼い主の男が動物虐待で逮捕されました。この男性は信じられないことに、首をリーシュに繋いだ愛犬を電動カートにくくりつけ、引きずり回していたのです。

この様子を目撃して驚愕したのは、近所に住むメリッサ・トレスさんという女性。犬が道の真ん中を引きずられているのに気付いた彼女は、車から出て男性に怒鳴りつけました。

「一体自分が何をしているか分かっているの?頭がどうにかしてしまったんじゃないの?」そう言って男性の暴挙を阻止しようと試みますが、男性は全く聞き入れようとしませんでした。

それどころか男性は、「余計なお世話だ。これは俺の犬だから、どうにでも俺の好きにするつもりだ。」と答えたのだそう。


虐待現場を動画で撮影したことが吉と出た

引用の出典元:www.dogingtonpost.com

男性が犬を引きずり回すことを一向に止める気がないと悟ったメリッサさんは、一部始終を録画することにしました。そして、その動画を自身のfacebookに載せた後、警察に通報したのです。

メリッサさんによると、犬は少なくとも2ブロック電動カートで引きずられていたと言います。

この動画を見た多くの愛犬家・動物愛好家から、ミッション市の警察署に電話が殺到。その結果、59歳になるマリオ・カルドナは動物虐待の罪で逮捕される運びとなりました。

誰かが動物虐待をしている場面に出くわした場合、動画に撮るよりも、リーシュを切るとか飼い主を電動カートから引きずり下ろすべきなのでは?という批判も一部聞かれました。

しかし、ジョディ・ティトル警部補は、こういったケースでは動画は非常に重要だと語ります。

その理由は、証拠がなければカルドナを逮捕することが難しかったから。したがって、メリッサさんのとっさの判断は大正解だったのです。

虐待された犬のその後は?

動物虐待で御用となったカルドナは、1993年に襲撃に放火、酩酊状態での運転などの逮捕歴があることが後に判明しました。カルドナは刑務所へ収容され、保釈金は1万ドルとなっています。

こうして、G2という名前のジャーマン・シェパードは悪魔のような飼い主から解放され、動物保護施設ミッション・アニマル・コントロールへ移されました。

その後、G2はミッション市のカトリック教会のロイ・スナイプス神父に引き取られました。神父にセニザ(スペイン語で灰の意味)という新しい名前を貰って、新しい犬生をスタートしたそうです。

何を思ってカルドナ受刑者が愛犬を電動カートで引きずり回していたのかは、知る由もありません。しかし、今までも屋内で動物虐待を行っていた可能性は十分に考えられます。

このような人間は動物を今後飼うべきではないことは言うまでもなく、今回のことでG2が保護されたのは不幸中の幸いです。G2改めセニザが新しい飼い主のスナイプス神父と、今後健やかに過ごせることを願って止みません。

参照:VIDEO: Texas Man Arrested for Dragging Dog Behind Mobility Scooter

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ