犬のマーキングとは?その意味について

引用の出典元:shutterstock.com

マーキングは犬にとって本能的な行動の1つで、主に自分のテリトリーを主張するために行われます。

よく見かける行動としては、散歩中に電柱や立て看板などに、少量のおしっこを引っかけるものが有名ですよね。

実は、犬はできるだけ"高いところ"におしっこをかけようとすることをご存知ですか?

その理由は、「こんなに高いところにおしっこができるほど、自分は大きいんだぞ!」といった、他の犬に対して自分の大きさ・強さを誇示することなんです。

このように少量のおしっこをかけることによって、自分のテリトリーを他の犬に対してアピールし、更にそのテリトリーの中で自分がいかに強いかを主張しているのです。

犬のマーキングはしつけの問題じゃないって本当?

散歩中のマーキングであれば、飼い主がマナーさえ守ればそこまで気になるものではないですよね?

しかし、家の中でマーキングをし始めてしまうと、飼い主とその家族にとっては厄介な問題となります。

少量とはいえおしっこですので、どこでも構わずおしっこを引っかけられるとたまったものではありません。

お住まいが賃貸の物件の場合は、愛犬の室内でのマーキングは重大な問題になります。

そこで、犬が家の中でおしっこを引っかけているため、この現象は「しつけができていなかったからではないか?」と思う方も多いのですが、実はしつけだけの問題ではないケースがあるのです。

そんな時は、いくら厳しく叱ったり、トイレトレーニングなどのしつけをしても逆効果です!

では、どうすればいいのか?

愛犬のマーキングにお悩みの方が注意したいこと(原因)は大きく2つあります。

室内のマーキングの原因と対策1.飼い主との主従関係を見直す

引用の出典元:shutterstock.com

犬がマーキングする理由としては、前述の通り「自分のテリトリー、自分の強さ」を主張することです。

そのため、家の中でもマーキングし始めたということは、

「家の中で偉いのは飼い主ではなく自分だ!ここは自分のテリトリーだから勝手に入らないで!」

といった、飼い主と犬との間にある主従関係の逆転のシグナルとも言えます。

しかし何故、突然そのような主従関係が逆転したと犬側が思ってしまうでしょうか?

これには様々な原因がありますので一概には言えませんが、例えば・・・

甘やかされすぎた、
食事を飼い主よりも先に犬が始めている、
散歩中も行きたい所に自由に行ける、

など、飼い主側の毎日の習慣によって犬との主従関係を曖昧にしてしまっていることが原因の場合があります。

つまり、愛犬を可愛がるあまり主従関係がおかしくなってしまったということです。

主従関係が曖昧になってしまうと、犬はより優位な立場になろうとします。その結果が家の中でのマーキングにつながっていると考えられます。

心当たりがある方は、犬との主従関係を見直してみましょう!あくまで、飼い主がリーダーであることを忘れてはいけません。

欲しがるからと、人間のご飯を与えていませんか?

遊びやお散歩の主導権を握られていませんか?

もう一度きちんと主従関係を構築するために、犬にも分かりやすく色んな習慣を区別することから始めてみてください。

犬のマーキングの原因と対策2.発情期と去勢手術のことを考える

引用の出典元:shutterstock.com

主従関係も特に今までと変わりがないにも関わらず、家でのマーキングにお困りの場合・・それは犬の発情期が原因である場合があります。

愛犬がオスの場合



愛犬がオスの場合、近所にメスの犬がいて、その犬が発情期を迎えていると、その臭いにつられてオス側も発情します。そうすると、マーキング行動が頻繁になる傾向があるようです。


愛犬がメスの場合



メスの場合で普段はマーキング行為をしなくても、自身が発情期を迎えているときには、マーキングをし始めることもあります。


実は、オス・メスどちらの場合も、この発情期によるマーキング行為は「去勢・避妊手術」をすることで抑えることができると言われています。

お住まいが賃貸物件であったり、生後間もない赤ちゃんがいるご家庭で、とくに衛生面を気にしなければいけない場合、愛犬による家の中でのマーキングは重大な問題です。

あまりにも問題行動が多い場合は、検討してみても良いかもしれません。


いかがでしたか?

犬が家の中でもマーキングをしてしまう原因と対策についてお分りいただけたと思います。

もし、愛犬の家の中でのマーキング行為にお困りの際には、是非この記事を参考にしてみてくださいね!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オオバやん
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード