「優しい虐待」で肥満にさせられた犬

引用の出典元:www.thesun.co.uk

愛玩犬として人気のキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルですが、肥満になりやすい犬種でもあります。

米国アラバマ州バーミンガムで暮らしていたキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのメス"アビー"が、とある家庭から保護されました。

平均体重の3倍にまで太らされ、まさしく「優しい虐待行為」に該当したことが理由です。平均5~8キロ程度に対して、アビーの体重は23キロ近くになっていたのです。

肥満のせいで体の清潔さを保てずに、尿路感染症や耳・皮膚の感染症にもかかっていました。おそらくは、飼い主も手入れを怠っていたのでしょう。

元の飼い主はアビーの健康を考えることもなく、とにかくエサやおやつ、人間の食事までも四六時中与え続けました。さらには適度な散歩や運動すらさせていませんでした。

7歳のアビーへの優しい虐待が発覚したのは、隣人からの通報によるものでした。通報を受けたブリトニー・ウィルクさんはアビーの飼い主の家に行き、無償でアビーに必要なケアを受けさせるよう話し合いをします。

その結果、飼い主はアビーを手放し、ブリトニーさんが責任を持って保護することになりました。

あまりの巨漢ぶりにプロも絶句

引用の出典元:www.thesun.co.uk

10年近く肥満犬のダイエットトレーニングを行ってきたブリトニーさんですが、アビーの姿を見たときはさすがに衝撃をけ受け言葉を失ったと言います。

「彼女は、膨らまされたバルーンのようで、とうていキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルには見えず、大き目のブルドッグサイズでした。アビーは1歩歩いただけで座り込み、呼吸困難の状態だったのです」


引用の出典元:www.thesun.co.uk

本気のダイエット生活がスタート!

引用の出典元:www.thesun.co.uk

ブリトニーさんは、なんとしてもアビーを元の可愛い姿に戻すべく週に6日のダイエットプログラムを作りました。

最初は体全体に負担がかからないよう、水中トレッドミルを導入したハイドロセラピーからスタートです。ハイドロセラピーは浮力・抵抗・圧力を使った治療で、リハビリやダイエットによく使われます。

アビーの重い体重でも関節への負担を軽減でき、陸上での運動に比べると数倍もの筋力をつけることができます。さらに、水圧によるマッサージ効果もあるため、血流促進にもつながります。


引用の出典元:www.thesun.co.uk

毎日の散歩はもちろん、週に6日はプールで泳がせました。アビーもブリトニーさんのサポートを受けて一生懸命トレーニングを続けました。

生まれ変わったアビーの姿に感動

引用の出典元:www.thesun.co.uk

■優しい虐待で肥満だったころのアビー

ダイエット生活がスタートしてからおよそ半年。ブリトニーさんとアビーの頑張りによって、生まれ変わったアビーの姿がこちら!


引用の出典元:www.thesun.co.uk

信じられますか!?呼吸すら困難だった巨漢のアビーの姿はもうどこにもありません。彼女は、ダイエットに成功し、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルに戻ることができました!

23キロ近くあった体重は、12キロ弱にまで減ったとのこと。あともう数キロ減量すれば、完全に適正体重です。


引用の出典元:www.thesun.co.uk

さらに嬉しいことに、アビーには新しい家族ができたのです。アビーの家族は、今後もアビーを定期的にハイキングに連れ出し、2度と太らせないことを約束します。

そして、さらに半年後、新しい生活を始めたアビーはさらなるダイエットに成功!なんと、アビーは適正体重の約9キロになっていました。

健康を害するほどの肥満から解放されたアビー。今ごろはハツラツと散歩を満喫していることでしょう。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード