保健所での譲渡会から外された犬たちは…

引用の出典元:www.youtube.com

『天才!志村どうぶつ園』の新企画、『捨て犬ゼロ部』。犬を癒す力を見込まれた"ぺこ&りゅうちぇる"は、『ピースワンコ・ジャパン』の安倍さんが保健所(動物愛護センター)から犬を引き出す場面に同行しました。

今回の企画に登場する『ピースワンコ・ジャパン』は、捨て犬の保護や譲渡活動に取り組む認定NPO法人です。

人慣れしている犬たちは、譲渡会によって新しい里親さんの元に行くことができます。しかし、子犬のときから野良犬であったり、人間に警戒心を持つ犬たちのほとんどは、譲渡会にお目見えすることはありません。

ぺこりんは、譲渡会で見た犬たちの可愛さと打って変わって、殺処分ギリギリで引き出される一匹のワンコの表情を見て愕然とします。

「さっきの子たちと違って全然来てくれない…」

耳を塞ぎたくなるような現実に涙するぺこりん

引用の出典元:www.youtube.com

ぺこ&りゅうちぇるは、この日が「命の期限」だった元野良犬の檻の前で、「命の期限はどうしてあるんですか?」と質問します。

「施設で面倒みる数にはどうしても限界があるので、だいたい1週間ぐらいで順番に殺処分されます。」と安倍さんは答えました。

命が次々と失われていく現実を知り、言葉を失ってしまったぺこ&りゅうちぇるの二人。

ぺこりんは「耳を塞ぎたくなるようなことばっかり。同じ命がある子なのに…施設が足りないからしょうがないって、しょうがないとかじゃないよね…」と、思わず号泣してしまいました。

安倍さんは、「殺処分が決まっている犬たちは、自分たちがこの後どうなるかをわかっているんです。」と震える犬を素手で撫でながら語りました。

この後、2人は安倍さんのお手伝いをしながら、ケージがトラウマにならないよう、音を立てずにゆっくりと犬を中に誘導します。

ケージの中で震える犬の目には、強い警戒心と恐怖が宿っていました。

自分は助かったんだ…と理解する犬

引用の出典元:www.youtube.com

しかし、保健所から外に出された犬の顔には、ほんの少しだけですが安堵したような表情が。

久しぶりに外の世界に出て少し嬉しがる犬を見て、「自分は助かったんだ、という意識を持ち始めるんです」と安倍さんは語りました。

3人は大きな車の中にケージを積み込みます。犬はよほど安心したらしく、車に乗る直前、ケージ内でオシッコとウンチをしてしまいました。

オシッコがかかってしまった様子のりゅうちぇるですが、こうした犬の行動に慣れていないせいで、思わず「オエ~」っとなってしまう場面も。

私たちの支援で日本の犬の殺処分をゼロに!

引用の出典元:www.furusato-tax.jp

一行は、標高700メートルの山の上にあるピースワンコ・ジャパンへと急ぎます。保護した犬が少しずつ落ち着いてきたので、獣医師の藤原さんが加わり健康検査が行われました。

その間、ぺこ&りゅうちぇるは、一生懸命「大丈夫大丈夫、イイ子イイ子」と声を掛け続けます。そして「ごめんね、怖いね。頑張ったね」と、またもや2人は涙ぐんでしまいます。

2人は安倍さんから名前を付ける大役を任され、アメリカのドラマ・『グリー』の登場人物になぞらえて「パック」と名付けました。

ピースワンコ・ジャパンのスタッフたちが、諦めずに愛情を込めて接する姿を2人は目の当たりにし、【犬は裏切らない】を『捨て犬ゼロ部』のテーマにすることを決めました。


alt="">


現在、この施設には殺処分を免れた100匹ほどの犬たちがおり、中には妊娠中に殺処分予定だった野良犬も。母犬は無事に施設で出産し、生まれたばかりの赤ちゃんにお乳を与えていました。

ピースワンコ・ジャパンの活動がなければ、生れてこなかった命。犬たちが命を繋ぐためには、人間でいうところの衣食住、医療、しつけ、広報活動、そして施設の拡張などが必要です。

殺処分機を再稼働させまいと、2016年末から2017年春までには東京都世田谷区を始め、あきる野市の東京サマーランド内に譲渡センターをオープン予定です。

そして、首都圏に譲渡センターを増やし、他の保護団体にも活用してもらう考えで積極的に行動しています。これなら私たちも身近なプロジェクトとして捉えることができますね。

さらに、2020年、東京オリンピックまでに「日本の犬の殺処分をゼロ」にする、という目標を掲げています。

2015年度(平成27年度)の犬の殺処分数は「15,811」です。2005年度(平成17年度)の「138,599」に比べると、10年で約1/7にまで減少しています。

しかし、数字の「1」は、この世でたった1つの「命」だということを、絶対に私たちは忘れてはいけないのです。

殺処分数ワースト県だったものを、わずか5年でゼロにまで変えたピースワンコ・ジャパンを、私たちのパワーで加速させてあげたいですね。

ピースワンコ・ジャパンの「広島から全国へ!殺処分0にご支援を」のプロジェクトは、10億円が目標金額です。詳細はクラウドファンディングのページでご確認いただけます。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo