心から愛していた飼い主を失くした犬

引用の出典元:www.facebook.com

トルコに住むメフメトさんは体に麻痺があり、2年前から小型犬の"セザー"と一緒に暮らしていました。

自分の意思を汲み取って手伝ってくれるセザーとの結びつきは、一気に特別なものになります。

入院中のメフメトさんが危篤中であることを感じたセザーは一切の食欲を失くし、飼い主との別れが近いことを悟りました。

そしてメフメトさんは自分を愛してくれたセザーを残し、79年の生涯に幕を降ろしたのです。

父を看取った息子のアリさんによると、自宅にメフメトさんのご遺体が到着したとき、セザーは小さな体をすり寄せて棺から離れることを拒否したと言います。

特別な絆を目の当たりにする

引用の出典元:www.thedodo.com

葬儀の日、棺を地元のモスクに運ぶために参列者が集まる中、セザーは驚くべき行動を取ります。

セザーは棺を担ぐ参列者の先頭に立って人々を誘導し、式典の最中も悲しそうに頭を下げて棺の横に座り続けるのでした。

悲しみに耐えるセザーのいたいけな姿は、メフメトさんの死を悼む参列者全員の心を揺さぶりました。

「セザーは父の棺が埋葬されるまで、他の誰にも父を触らせなかった」と息子のアリさんは言います。

飼い主の入った棺が土葬されるのをずっと見守り、すべてが終わったときのセザーの体は脱力し、悲しみに満ちた表情で立ちすくんでいました。

体が不自由だったメフメトさんを守り抜いてきたセザーには、飼い主への忠誠心とか執着心とか、そんな言葉では言い表せないほどの特別な絆があったのです。

1日も欠かさず墓参りをしていた犬

引用の出典元:www.thedodo.com

アリさんに引き取られたセザーの心は、メフメトさんへの想いでいっぱいでした。セザーは葬儀以来5日間連続してメフメトさんの眠る墓に通い続けます。

さらに驚くことに、アリさんが仕事に出たあと、セザーは毎日墓に通っていたのです。それは、早朝から墓地で働く人から聞かされて初めてわかったことでした。

その話を聞いたアリさんは、この日セザーとともに墓参りに行ったのだそうです。父をずっと支えてくれたセザーの気高い心は、アリさんの心を慰めました。

これまでもセザーのお世話をしてきたアリさんは、「父の残してくれたセザーは偉大な犬です。これからもずっと互いを支えていきます」と語っています。

飼い主を無条件に愛する犬の気持ち

引用の出典元:www.facebook.com

葬儀から1カ月目。新しい飼い主となったアリさんに抱かれたセザーは爪のお手入れをしてもらいました。

どうやらアリさんの仕事は、トルコの特産物でもあるハチミツを集める「養蜂家」のようです。


葬儀から半年。アリさんの膝に抱かれて元気な顔を見せてくれたセザーは、何かに反応して吠えています。自然が豊かな環境ですね。

アリさんのFacebookには、家を訪れる友人たちから可愛がられるセザーの写真がアップされています。


大好きだったメフメトさんはもういませんが、優しくて面倒見の良いアリさんとセザーの間には、今まで以上の絆が深まっているようです。

飼い主を無条件に愛する「犬の気持ち」を教えてくれたセザーに感謝します♪

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード