バックヤード・ブリーダーの存在

バックヤード・ブリーダーという言葉を聞いたことがありますか?直訳すると、『裏庭繫殖家』のことで、いわゆる、素人による犬の繁殖家です。

別名、ホビー・ブリーダーとも言い、パピー・ミルと共に犬の人口が増え続ける原因のひとつとして、アメリカでは問題視されています。

著者が暮らすロサンゼルス郡では、毎年シェルターで失われて行く犬猫の命を救うべく、2013年から新条例が施行されています。その条例では、『営利目的で繁殖された犬・猫・ウサギなどの店頭販売を禁止する』となっています。

したがって、素人が無許可で動物の繁殖を行い、販売することは違法とみなされ、取り締まりの対象となっています。

バックヤード・ブリーダーの問題点

ロサンゼルス郡では、reputabule breederと呼ばれるプロの評判の良いブリーダーたちは、郡より求められるすべての条件を満たした上で繁殖を行わなければなりません。

まず、繁殖を行うには、犬1匹につき235ドルを群に支払って許可書を発行してもらう必要があります。また、繁殖は1匹につき年1度と定められています。

他にも、犬の健康状態やマイクロチップの装着、ワクチン接種の有無などの規定もあります。

バックヤード・ブリーダーたちは、われわれの近所に住む住人たちで、一見『善良市民』です。しかし、問題は、彼らがこれらの条件を満たした上で繁殖を行っていない場合があるという点です。

お小遣い稼ぎという名の営利目的に走り、特定の犬種に関する知識もないまま無理な繁殖を繰り返すバックヤード・ブリーダーは珍しくありません。バックヤード・ブリーダーに繁殖された仔犬には血統書もありませんが、通常、仔犬1匹につき100ドルから1,000ドルぐらいの価格で販売されています。

2本足の仔犬たち

引用の出典元:www.youtube.com

オクラホマ州のあるバックヤード・ブリーダーは、利益目的で犬種の知識もないままに繁殖を行っていた例です。

保護団体の職員ジャナ・ベラーさんは、ある日、2本足の仔犬たちがインターネットで販売されているのを知ります。偶発的に起こった先天性奇形だと思ったジャナさんは、仔犬たちを助けようとして、この件に介入することにしました。

先天性奇形があるにも関わらず、仔犬たちは1匹につき75ドルで販売されていました。そこでジャナさんは、売り手に『物珍しさで仔犬を売るのであれば、私に仔犬を引き渡して欲しい』と交渉することに。

結果、仔犬たちの飼い主と連絡が付き、彼女が自称ブリーダーだと知りました。ジャナさんが驚いたことには、この5匹の仔犬たちは、それぞれ別の3匹の母犬から生まれていたのです。

このブリーダーは、親犬に何らかの遺伝的問題があると分かっていながら、何度も繁殖を繰り返していました。今までにも、別の保護団体が2本足の仔犬たちを助けていたことも発覚しました。偶発的ではなく、故意に先天的奇形を持った仔犬を繁殖していた例は、今までに扱ったことはないとジャナさんは語っています。

どの犬にも幸せな人生を送る権利はある

どの犬にも、健康で幸せな一生を送る権利はあるはずです。ところが、心無いブリーダーの私欲に走った無理な繁殖のために、これらの2本足の仔犬たちは、生まれる前からすでにハンデを背負わされていました。

あいにく、ふたつの保護団体が仔犬の救助に成功した後、この自称ブリーダーは廃業することに決めたそうです。

5匹の仔犬たちは、2本足なために歩きづらいことを除いては健康に暮らし、新しい家族を待っているそう。

しかし、犬たちの『quality of life』を考慮すると、やはり車椅子が必要になります。そんな中、犬専用の車椅子会社Eddie's Wheelsが仔犬たちに格安で車椅子を作成してくれることになったのは、喜ばしいニュースです。

しかし、まだまだ多くの人たちからの金銭的な援助が不可欠であるのは言うまでもありません。

もちろん、私たちには犬の入手先を選ぶ自由があります。

しかし、その前に、その犬がどこからやって来たのか、どのような人物に、どのような環境や条件で繁殖されたのかを考えなければならないでしょう。

ブリーダーから仔犬を譲り受ける場合は、『ブリーダー』という言葉をやみくもに信じるのではなく、そのブリーダーが果たして良心的なブリーダーかをしっかり見極める必要性があります。

私たち一人一人が意識を変え、物事をよりよく知ろうとすることで、1匹でも不幸な犬は減るのではないでしょうか?

参照:Dog Breeder Produces Litter After Litter Of Deformed Pups

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オリビア
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード