ヨーグルトを食べることは、犬にとってもメリットがいっぱい

引用の出典元:shutterstock.com

実は、ヨーグルトは犬の健康にも良い食べ物です。

ヨーグルトに含まれる善玉菌が腸内環境を整え、体の免疫力を高めてくれます。

その上、タンパク質やカルシウムも摂取することができるので、アレルギーや体質が大丈夫な犬にはぜひ毎日あげたい栄養食でもあるのです。

合わせて読みたい!オススメ記事


うんちが臭い犬は寿命が短い!?今すぐ始めて寿命がグンと伸びちゃう健康法

愛犬が「ヨーグルト大丈夫体質」かどうかを見極めよう

飼っている犬に人用のヨーグルトをあげようと思っている人は、まずは愛犬が「ヨーグルト大丈夫体質」かどうかを確かめましょう。

元々犬の体は乳糖を分解する力が弱く、牛乳やヨーグルトによってお腹を壊してしまう犬がいます。

ヨーグルトは牛乳よりも乳酸菌が一部分解されているため、牛乳は体に合わなくてもヨーグルトは大丈夫な犬も中にはいます。

少量を1週間ほどあげてみて、犬のうんちなどからお腹の状態をチェックし「ヨーグルト大丈夫体質」かどうかを見極めましょう。

ヨーグルトの正しい与え方

引用の出典元:shutterstock.com

ヨーグルト大丈夫体質な犬であった場合、安心して沢山の量をあげてしまうとお腹を壊してしまいます。

ヨーグルトを与える際のポイントは、「少量を毎日あげる」ということです。

量にするとティースプーン1杯程度を基準にしてみましょう。

体が大きい犬でも人間が食べる1カップを丸々与えてしまうのは、犬のお腹を壊す原因となってしまいます。

最初のうちはいつものごはんに混ぜたりして徐々に慣れさせていきましょう。

ヨーグルトの与えるベストなタイミングと体質に合った選び方

ヨーグルトを与えるのは、できるだけ犬の胃に食べ物が入っている食後が理想的です。

乳酸菌は胃酸に弱いため、胃に食べ物が入っていない状態でお腹に入れても乳酸菌の働きが胃酸によって半減してしまいます。

したがってヨーグルトを愛犬に与える際には、食事中や食後に与えるのがベストなタイミングと言えるでしょう。

与えるヨーグルトも犬の体質や健康状態に合った種類のものを選んであげることも大切です。

もちろんお砂糖が入っていない無糖のものが理想です。

ヨーグルトの中には胃腸の免疫を高めるものから、腸内の悪玉菌の働きを抑制するもの、体形が気になる愛犬には低脂肪のものなど、愛犬にピッタリな物をチョイスして与えてあげましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo