保護犬や保護猫たちと暮らす大家族

引用の出典元:www.instagram.com

カナダ在住のエリザベス・スペンスさん夫婦は、3人の子どもと3匹の保護犬、3匹の保護猫と暮らす大家族です。

今でこそ全員で散歩できるほどだいぶ落ち着いて見えますが、実は、7年前に保護された"ノラ"にはとても悲しい過去と、何かわからない不安が長年付きまとっていました。

当時1歳のノラが保護された時は、とても不潔で痩せ衰えていました。しかも、その状態で妊娠までしていたのです。

保護施設で出産をしましたが、1匹の子犬は残念ながら亡くなってしまいます。生き延びた子犬たちはそれぞれ別の里親の元にもらわれていきました。

飼い主からの虐待や子犬を失ったトラウマは、彼女の心の扉に鍵をかけてしまいます。

赤ちゃんが愛犬のトラウマを溶かしていく

引用の出典元:www.instagram.com

■2人のお気に入りの隠れ場所で何を話しているのかな?

犬を知り尽くしているエリザベスさんですが、どれだけ愛情を注いでも心を開いてくれないノラの様子に、「もしかしたら過去の心の傷が影響しているのでは」と心配します。

それがどうでしょう!夫婦の3番目の赤ちゃん、アーチー君が生まれると自ら寄り添って一緒に眠るように。なぜだか赤ちゃんのアーチー君にだけは心を開くようになったのです。

アーチー君がお風呂に入る時は、いつもバスマットの上で待っているノラの姿がありました。

さらに面白いことに、エリザベスさんがアーチー君を抱っこしてミルクをあげている時は、ノラはエリザベスさんの膝に一緒に乗っかってくるのです。

ノラは、アーチー君と一緒に過ごすことで、過去のトラウマが消えていくかのようでした。

時を同じくして、エリザベスさんは7年前に離ればなれになったノラの娘、レミントンを引き取ることになりました。

かつてレミントンを引き取った里親さんの生活環境が変わり、新しい里親を探しているという情報を得たのです。

アーチー君が生まれたばかりではありましたが、ノラにしてあげられる最大のプレゼントになるはず、と決断しました。

ノラがアーチー君を守るようなしぐさを見て、エリザベスさんはノラの本当の子どもをそばに置いて悲しみを癒してあげたい、と考えたのかもしれません。

その決断は間違っていませんでした。7年ぶりの再会に喜び合う母子のじゃれっぷりをご覧ください。

子どもたちと仲良しになった母子犬

引用の出典元:www.instagram.com

■アーチー君と仲良く眠る"ノラ"と彼女の娘"レミントン"(耳のまだらが濃い方がノラ)

保護犬2匹はイングリッシュ・ポインターという犬種で、性格はとても穏やかで優しいのが特徴です。しかし、本来エネルギッシュな犬種のため、赤ちゃんには少々賑やかすぎる犬種とも言われています。

ただ、ノラとレミントンにはそれは当てはまりませんでした♪赤ちゃんにどう接するのがベストなのかをきちんと理解しています。

ノラとレミントンは、アーチ君のベッドで一緒に眠るのが大好きです。


alt="">

■子どもたち3人と過ごす楽しい時間

エリザベスさんが願ったとおり、子どもたちは動物をリスペクトし、大切に面倒を看るようになりました。

心温まる写真に世界中が感動

引用の出典元:www.instagram.com

エリザベスさんは、子どもたちと保護犬の関わりをインスタグラムを通して世界に発信し続けています。

メディアからの取材はもとより世界中の人々に感動を届け、フォロワーは71,400人を超えました。

こうした心温まる発信によって、少しでも保護犬への理解が深まると嬉しいですね!

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード