リードを引っ張る理由:力比べになっていませんか?

引用の出典元:www.flickr.com

楽しみにしていた散歩で心躍らせ、早く前に進みたいと思う気持ちが、リードを引っ張るという行動に繋がることがありますが、実は、もうひとつ理由があるのです。

それは、犬がリードを引っ張った時に、私たち飼い主もリードを引っ張リ返してしまうからです。

リードを引っ張られると疲れますし、「犬は、飼い主の前を歩いてはいけない」と思い、ついつい足元へ引き戻そうとリードをグイッと引っ張ってしまいます。

これは力学的な理由で、飼い主がリード引っ張れば、犬は本能的に前へ重心を傾けて引っ張ろうとしますので、結果的に「力比べ」になってしまっているのです。

犬にリードを引っ張られた時に、やってはいけないこと

引用の出典元:www.flickr.com

リードを引っ張られた時に、「ダメでしょ!」「引っ張らないでよ!」と怒鳴ったりしたことはありませんか?

これは「引っ張り癖」の犬には逆効果なんですよ。

リードを引っ張るからといって、無理やり引き寄せられた上に怒鳴られてしまったら、犬は飼い主の足元がだんだん心地良い場所では無くなります。

そのために、飼い主から更に離れようとして「リードを引っ張る」という行動になってしまうのです。

では、そうならないためには、どうしたら良いのでしょう?

引っ張り癖の直し方:「おいで」を教える

引用の出典元:www.flickr.com

犬の引っ張り癖を直すには『飼い主の足元が大好きな犬』に育てることが一番の近道です。

飼い主が「おいで」と声を掛けたら、どんな誘惑があっても、飼い主の足元へ一目散に戻ってくる犬になっていれば、戻ってきた時に「戻ってくれたのね、ありがとう」と褒めるだけで良いので、私たち飼い主の気持ちも穏やかでいられます。

今までは、リードを引っ張ると足元に引き寄せられて叱られていた犬も、飼い主の足元にいれば褒めてもらえると理解していけば、だんだんとリードを引っ張ることが少なくなっていくのです。

「犬がリードを引っ張ったら、止まる」という方法もありますが、これは、犬の前に進みたいという欲求を抑えることになり、更にリードを引っ張ることを助長してしまう可能性があります。

また、何よりも飼い主の根気が必要になりますから、なかなか難しいのが現状です。

楽しく散歩するための、飼い主の心構え

引用の出典元:pixabay.com

散歩が嬉しい・楽しいと思う気持ちが、リードを引っ張るという行動になってしまう犬たち。

特に年齢が若いうちは好奇心の塊ですから、ドンドン前に進みたくて…というのは当然といえます。

私たち飼い主が、「また引っ張るんじゃないか」とキリキリした気持ちで散歩するよりも、「元気な証拠だわ~」と多少おおらかな気持ちで散歩をすることで、不思議と犬たちも焦って前に進もうとしなくなります。

そうなれば、私たちと愛犬のお互いが楽しく充実した散歩が出来るようになっていきますよ。

犬は感受性の豊かな動物ですから、私たちの気持ちをしっかりと受け止めています。

飼い主が楽しければ自分も楽しい!と思ってくれる唯一の動物なのです。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi anddog_nao
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード