小さな子どもと大型犬の対比が美しい

引用の出典元:www.facebook.com

ロシア、サンクトペテルブルグ在住の写真家、アンディ・セルヴァストフさんが撮り続けているのは、小さな子どもと大型犬の幻想的な一瞬です。


■「アナタの名前はグレートテディベア?」そう語りかけられて、振り向いたのは真っ白なグレート・ピレニーズ。目がとっても優しいですね。

小さな子どもに向ける犬の慈愛の瞳には不思議な力が秘められているようで、写真を見た人のハートを鷲づかみにしてしまいます。

これからの未来を背負っていく子どもたちの天使のような笑顔と犬の美しい表情は、地球上のすべてのマイナスの出来事をプラスにチェンジするのではないか、と思ってしまうほど。

さあ、写真家アンディさんの心洗われる美しい写真をじっくりとご堪能ください!

子どもと大型犬の心が1つになる瞬間

引用の出典元:www.facebook.com

■嬉しい気持ちだって一緒に感じちゃう!


■「ハイ、チーズ♪」カメラを両手でしっかりと持ってグレート・デーンを写真におさめるおチビちゃん。グレート・デーンもちゃんとカメラ目線でお座りしてくれました。


■女の子の名前はアリス。アリスはまるで森の熊さんに出てくるようなチョコレート色のワンコと何かを見つめています。「今夜は雪が降るかしら、チョコレート?」こんな会話を楽しんでいるのかもしれません。


■独特のシャギーコートを見事に捉えた一枚です。よく見ると子どものマフラーがコモンドールの被毛みたいに見えませんか?


■写真家アンディ・セルヴァストフさんを中心にポーズを決めたのは、4匹のニューファンドランドとチョコレート色の熊みたいなワンコ。


■「ねえねえ、その赤いボールは僕がパパに買ってもらったんだよ」そうおチビちゃんに話しかけるグレートデーン。犬って何歳になっても心はずっと子どものままなんですよね~。


■「ハッピーホップ!このおまじないを一緒に唱えると、幸せがやって来るのよ♪」空中に浮かんだ少女とシベリアンハスキーの気持ちが1つになって夢が叶った瞬間の1コマ。


■2人の間に言葉は要りませんね。森の静けさが写真から伝わってきます。


■空飛ぶワンコたちの撮影の裏舞台はこんな風になっていたんですね~。





これらの写真は、4ヶ月間かけて撮りためたもので、近く『Little Kids and Their Big Dogs』の写真集として発売されます。



どの写真もコンマ1秒の瞬間を切り取ったものばかり。

いにしえから未来永劫、人間と犬は愛し合うベストフレンドなんですね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード