通勤ラッシュで運転見合わせ!それでも市民から不満が上がらなかった理由とは?

引用の出典元:www.youtube.com

地下鉄における朝の通勤ラッシュといえば多くの人々でごった返しの状態で、そこには特有のピリピリとした空気が立ち込めています。

そんな中、まさかの運転見合わせ。

この運転の見合わせによって、通勤途中だった多くの市民に影響が出ました。

もちろん、普段であれば出社を急ぐ人々から怒号が飛び交うシチュエーションです。

しかし、今回のモスクワで起きた運転見合わせは少し違いました。

その原因を知ったモスクワ市民は、怒るどころか作業員に協力的だったのです。そしてその場にいた多くの人々は心を和ませることになりました。

その原因というのは、野良犬。

電車の中に迷い込んでいた野良犬は、お腹の中に赤ちゃんを身ごもっている母犬で、今にも出産を迎えようとしていたのです。

野良犬のいた車両を車庫に、そして無事に出産

引用の出典元:www.youtube.com

野良犬を発見の連絡を受けた地下鉄の運営会社は、彼女が乗っている車両だけを切り離して車庫に戻すことを決断しました。

そして野良犬は車両とともに安静な場所へ移され、その後作業員に見守られながら無事に9匹の元気な赤ちゃんを出産することがでいました。

実際の映像がこちらです。

www.youtube.com


母犬は少し緊張していた様子でしたが、周りの人々の暖かい目に見守られながら出産を終えました。

母子ともに健康、里親募集を開始

引用の出典元:www.youtube.com

出産後、母犬を子犬たちは無事に保護されることとなりました。検診の結果、母子ともに健康だそうです。

この10匹の野良犬の家族、現在は現地で里親を募集中とのこと。素敵な家族が見つかるといいですね。

朝に通勤ラッシュの地下鉄で起きたハプニング。普通であれば乗客の不満が爆発してもおかしくない状況でしたが、モスクワ市民は決して怒りもせずに目の前の命を尊重しました。

その結果、母子ともに健康な状態で保護されることとなり、今は新しい家族を探すことができています。

動物を思う優しい心が、また一つ尊い命とその未来を救った事件でした。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ぷるーと
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード