生まれつき前足がなかった子犬

引用の出典元:www.thedodo.com

カナダのトロントのゴミ箱から、生後7週齢ほどのオスの子犬が発見されました。子犬はゴミ箱の中でずっと泣き続けていたようで、通りがかった女性たちによって鳴き声がキャッチされます。

子犬を保護した動物保護団体は、生まれつき前足がなかったことが捨てられた原因だと推測し、動物虐待防止協会に調査を依頼しました。

ゴミと一緒に捨てられただけでも悲しいことなのに、診察されたキューピットの尻尾には、ハサミか何かで切り取ろうとした跡まで残っていたのです。

しかし、命を救われた子犬は不遇に負けない強い魂の持ち主でした。明るくスタッフたちに振る舞う子犬の鼻が「ハート」の形をしていたことから、"キューピット"と名付けられます。

決してキューピットの毎日は楽しいことばかりではなく、前足がないことでオシッコをするのも大変でした。それでもキューピットは持ち前の明るさと人懐っこい性格でスタッフたちを和ませます。

初めての義足

引用の出典元:www.thedodo.com

ラッキーなことにキューピットを生涯大切に育ててくれる里親が見つかり、動物保護団体と義足を作る装具士たちとの連携プレーが始まりました。

まず最初にキューピットの体に合った義足が作られましたが、それだけで歩行するのは難しいことがわかり、スキー板のような補助板が付けられました。

義足は幼い子犬の成長に合わせて何度も作り直す必要があります。キューピットにとっても装着した部分が痛かったり違和感があったりしてストレスがかかっていたはずです。

それでもキューピットを始め、彼を愛する全員は決して諦めることなく、サポートし続けました。

記念すべき感動の第一歩!

引用の出典元:twitter.com

そしていよいよキューピットが第一歩を踏み出す記念すべき瞬間が訪れます。義肢装具士がボールを転がすと、キューピットは走り出しました。

子犬らしい無邪気な姿は、キューピットの幸せを願うすべての人にとって感動的な瞬間でした。

補助板は進行方向には安定性がありますが、横移動には不安定なようです。みんなのサポートを受け毎日の練習を頑張ったおかげで、数週間後には補助板がなくても歩けるようになりました。

頑張る姿が人々から称賛を浴びる

引用の出典元:twitter.com

保護されたときは、あんなに小さかったキューピットですが、数カ月後にはだいぶ体も大きくなり、新しい義足が装着されました。

脚に装着するタイプではなく胴体に車輪を装着するタイプにしたことで、より自由度が増したようです。

キューピットの愛らしさと頑張り続ける姿は、動物保護団体のイベントでも多くの人から注目と称賛を浴びました。

自らの不遇に負けないキューピットは、これからも多くの人のサポートを得て幸せに暮らしていくことでしょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ