チベタン・スパニエルの特徴

引用の出典元:nextranks.com

  • サイズ:小型犬
  • 体高 :オスメスともに 25cm
  • 体重 :オスメスともに 4~7kg

チベタン・スパニエルは、体高はわずか25cm程度の小型犬です。鼻ペチャと黒々した瞳がなんとも可愛らしい犬種です。よく見ると神社や寺院にある狛犬のような顔立ちをしています。

チベタン・スパニエルの頭はやや小さめで、ずんぐりと丸みを帯び、耳と脚には飾り毛があります。尾は羽毛のようにフワッと開き、背中側に乗っかっていて、特徴のある形をしています。オスのほうが尾の飾り毛は豊富です。

チベタン・スパニエルの被毛はダブルコートのやや長毛で、部分によって長さが異なっているのが特徴です。オーバーコートは絹のような柔らかさで、アンダーコートは密集しています。

毛色は、ゴールデン、サンド・カラー、ビスケット、ブラック、ブラック・アンド・タン、ホワイトなどがあり、どんな毛色も良しとされているのも特徴です。

チベタン・スパニエルの歯の噛み合わせにも特徴があります。アンダー・ショットといわれる受け口で、若干上の歯よりも下の歯が出る噛み合わせです。口を閉じた時に、上の歯が下の歯の内側に綺麗に納まっているのが理想とされています。


チベタン・スパニエルの歴史


  • 原産国:中国(チベット)
  • 用途 :愛玩犬

チベタン・スパニエルは、中国のチベットが原産です。紀元前1100年の中国の銅像に、チベタン・スパニエルらしき犬が描かれていることから、今から3000年以上前には、すでに存在していたと考えられます。

チベタン・スパニエルは、チベット仏教と深い関わりを持ち、獅子のような風貌から魔除けになる犬として僧院で飼育されていました。僧院の最も高い塀の上から周りを見降ろして、見張り番として飼われていた歴史があります。

まれに、額の中央部にブッダの印と言われる丸い斑があるチベタン・スパニエルが生まれることがあり、非常に稀な犬として珍重されました。

当時は、チベットのみで飼育され、国王家への贈り物に使われる他は、外部に持ち出されることがなかったといいます。そのため、他の犬種との交配はなく、原種の特徴が守られた珍しい犬種です。

1898年には、初めてイギリスに持ち込まれ、1920年代にグリーグ夫妻の手によって、本格的な繁殖が行われました。その後、第二次世界大戦が起き、ほぼ絶滅したかと思われていましたが、夫妻の繁殖したチベタン・スパニエルがたった1頭だけ生き残り、その子孫が現在まで引き継がれている、という奇跡の犬種なのです。

1960年代になると、アメリカにも持ち込まれ、1984年にはアメリカケネルクラブに正式な犬種として公認されました。古い犬種にも関わらず、公認されたのは比較的最近であることも珍しい特徴です。

2014年度ジャパンケネルクラブのチベタン・スパニエルの登録頭数は、138犬種中75位で47頭です。日本でも、少ないながらも飼育されていますが、2007年度の200頭をピークに減少傾向にあります。

チベタン・スパニエルの性格としつけ方法

引用の出典元:nextranks.com

チベタン・スパニエルの性格は忠実で優しい性格ですが、見張り番もできる犬種ですので、不審者には吠えたてて飼い主に知らせる番犬の気質も持っています。

人見知りが強い性格で、家族の前で見せている愛嬌はどこへいったのか、と思うほど知らない人には無愛想になる性格です。

また、頑固で独立心が旺盛な性格を持ち合わせていますが、飼い主への愛情表現は優れていて、表情から喜怒哀楽を伝えるのが上手です。

特別な犬として扱われてきたことが影響しているのか、プライドも高く感受性が強い犬種です。チベタン・スパニエルのプライドを尊重しながらも、ワガママは通させない、といったメリハリのあるしつけをします。

チベタン・スパニエルは頭が良く、頑固な性格ですので、幼犬の時に体験したことは、ずっと覚えています。可愛いからといって、甘やかし過ぎる育て方はいけません。心を鬼にして、毅然としつけることが、愛情あるしつけです。

家に迎えた日は、ケージ内に水やトイレシーツを敷きつめ、遊ばせずに静かに寝かせておきます。鳴いても知らんぷりします。ワガママを育まないために、1ヶ月程度は、部屋中好きに走らせないようにします。お散歩、食餌、短めの飼い主との遊び以外は、ケージ内のハウスで寝る、というリズムを身につけさせます。

チベタン・スパニエルの性格上、窓から見える人の動きに反応して、吠えるかもしれません。それが番犬として価値がある、となれば良いのですが、環境的に困ることもありますね。

そんな時は、新聞紙を丸めたものをあらかじめ用意しておき、犬にバレないように、床をパンとたたき大きな音を立てます。これは吠え始めから1秒以内に行う必要があります。「吠えると、何か不快だな」と思わせるしつけ方法です。

吠え癖をつけないために、飼い主の態度が重要です。吠えた時に「ダメ!やめなさい!」と大きな声を出すのは逆効果です。犬はかまってもらえている、応援してもらえている、と感じてしまっています。不快な音を立てるのとは訳が違います。一切声を出さず、完全に無視して関心がない状態を装うのが効果的です。

感受性も豊かですから、トイレトレーニングなどが上手にできたら、思い切り褒めてあげましょう。また、社会経験を積ませるために、積極的に外に連れて行き、人や犬に慣れさせます。褒めて伸ばすしつけで、どんどん可能性を広げてあげましょう。

どの犬種でも大きくなってからでは、しつけ直しはとても大変です。近くに犬のしつけ教室がないか、あらかじめ調べておくと心強いですよ。

チベタン・スパニエルの性格まとめ


  • 忠実
  • 番犬
  • 人見知り
  • 頑固
  • 愛情表現が豊か
  • 感受性豊か

チベタン・スパニエルの平均寿命とかかりやすい病気


チベタン・スパニエルの平均寿命は12~15年程度と考えられています。

チベタン・スパニエルがかかりやすい先天的な病気は特にありません。

気をつけたい病気として、小型犬に多い膝蓋骨脱臼があります。主に後ろ脚のひざ関節のお皿が正常な位置からずれて脱臼し、骨が変形したり靭帯が伸びたりする病気です。

抱き上げた時の落下事故や、高い所からの飛び降りに気を付けて予防します。また固い床はひざへの衝撃度が強いので、じゅうたんやマットを敷き負担を和らげます。

他には、目の疾患や皮膚病に気を付けて育てます。チベタン・スパニエルは長生きの犬種です。あらゆる病気予防として、歯磨き習慣や歯石の除去といった口腔ケアも幼犬から行えば、元気に長寿を全うできるでしょう。

チベタン・スパニエルの飼い方

引用の出典元:www.ambriertibbies.com

チベタン・スパニエルは、いくら番犬としての素質があるとはいえ、日本の住宅事情では、あまり吠えられるのも困ります。番犬としてではなく、室内で愛玩犬として飼育しましょう。

鼻先がつまっている短頭種ですので、体温を下げるための早い呼吸が苦手です。夏は特に注意が必要です。舌を出してハアハア呼吸するバンディングを目安に、室温を調整します。また湿度にも気を配りましょう。

運動量はあまり必要としませんので、散歩は1日10分程度を2回行います。雨の日や梅雨時に無理に散歩をさせる必要はないので、室内でのトイレトレーニングは完全にマスターさせておきましょう。

犬の乳母車=ペットカートや、抱っこひも=スリングにも慣らしておくことをおススメします。お買い物に一緒に連れて行く時や、目的地まで少々距離がある時にも便利です。カートは飛び出し防止のメッシュカバー付きがおススメです。

被毛は、コームやスリッカーブラシを用いて、週に2~3度コーミングし、美しい被毛を維持しましょう。

チベタン・スパニエルの子犬がたくさん!

引用の出典元:www.youtube.com

チベタン・スパニエルの子犬達が面白い声を出して遊んでいます。兄妹ゲンカして、きっと怒っている声なのでしょう。

みんなそれぞれ毛色が違いますね~。全身黒っぽい子は、飼い主さんのカメラの紐?をグイグイ引っ張っています。

尾は、まだ豊かな飾り毛はありませんね。これからあの可愛くフサフサと揺れる美しい毛並みになるんですね!

チベタン・スパニエルは、多頭飼いしている人も多い犬種なんですよ!

秘められたエネルギーを感じるチベタン・スパニエル


神聖な扱いを受けるチベタン・スパニエルは世界中の愛好家から大切に扱われています。日本でも、もっともっと増えていって欲しい犬種です。もしかしたら数年後、ブームになっているかもしれません!

一生懸命、上目遣いで飼い主に話しかけてきます。何を欲求しているのか、今どんな気持ちなのか、察してあげましょう。こちらの気持ちも読み取ってくれるのがチベタン・スパニエルです。たくさん会話しましょう!

愛らしくて頼もしいチベタン・スパニエルは、とってもおススメの犬種です。きっとお家の守り神になってくれますよ♪

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード