突然シェルターに連れてこられた"ズズ"

引用の出典元:www.thedodo.com

ズズはロサンゼルスのアニマルシェルターに連れて来られました。飼い主は、シェルターの職員に「この犬は脱走ばかりするから、引き取ってもらいたい」と伝えたのです。

シェルターに持ち込まれた犬はみな戸惑いを覚えるように、突然知らない場所に連れてこられたズズもまた、不安と緊張感でいっぱいでした。

シェルターのボランティアのデリー・ララさんは、ズズの様子を次のように語りました。

「ズズはとても優しい女の子ですが、彼女からは戸惑いと悲しみのオーラが出ていました。飼い主が突然いなくなり、混乱しているようでした。」

ほとんどの犬はシェルター内の庭を歩き回るのに、ズズはフェンスに身を寄せて動くことをしなかったのです。

再会した飼い主に尻尾を振るものの…

引用の出典元:www.thedodo.com

ズズがシェルターに連れてこられた週末、再び元飼い主家族がやってきました。やはりズズを連れ戻すことに決めたのでしょうか?

ズズはフェンス越しに飼い主家族を発見し、がぜん大喜びしました。ズズにしてみれば、やっとお家に帰れるんだ、と思ったに違いありません。

しかし、そんなズズの純粋な願いは見事に裏切られてしまったのです。

なんと、飼い主家族はズズには関心を示さず、家に連れて帰れるような犬がいないか探しに来たのでした。

そんな飼い主の気持ちがわかったのか、ズズは必死に「他の犬を見ないで!私をお家に連れて帰って!」と激しく動き回ります。

ズズは、フェンス越しに動く飼い主家族に飛びつき、懸命に叫び続けました。

里親は絶対に最期まで面倒をみてほしい

引用の出典元:www.thedodo.com

シェルターのスタッフはこの光景を目の当たりにし、複雑な気持ちをかみしめていました。

「ズズはものすごく興奮して、今までにないほど活気づいていました。しかし、悲しいことに飼い主は別の犬を探しに来ていたのです。

ズズに新しい家族ができることを願っています。絶対にズズを見捨てない家族を…。」

家に帰りたかったズズ。新しい犬を迎えようとする元飼い主家族。あまりにも互いの考える世界は別のものだったのです。

この日、ズズの元飼い主が別の犬を連れて帰ったかどうかはわかりません。できれば、スタッフの判断で断りを入れたと信じたいのですが。

2歳のジャーマンシェパードのミックス・ズズは、子どもも大好きで他の犬たちとも上手に遊べます。ズズは今、本当にズズを愛してくれる里親さんとの出会いを待ち続けています。

引用の出典元:www.facebook.com

あまりにも理不尽な飼い主には、もう2度と犬を飼ってほしくないですね。早くズズの気持ちが立ち直り、里親さんが現れることを期待しましょう。

そして、殺処分されることだけはなんとか免れてほしいものです。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ