良質な油で毎日のごはんがワンランクアップ

引用の出典元:shutterstock.com

「油」というとカロリーが高い、太るというイメージがあると思いますが、動物性の油分と違い、植物性の油には非常に高い健康効果が期待されています。

特にオリーブオイルやごま油、亜麻仁油、しそ油などがおすすめ!

血中の悪玉コレステロールを減らして動脈硬化や心臓病を予防したり、血液をサラサラにしたり、脳を活性化したり、毛ヅヤをアップしたりとアンチエイジング効果が抜群の素晴らしい食材です。

ただし亜麻仁油やしそ油は加熱すると酸化して栄養素が壊れてしまうため、トッピング感覚で調理の最後に使用するようにしましょう。

“豆乳おじや”のレシピ(材料+作り方)

引用の出典元:shutterstock.com

豆乳おじやの材料(体重10kg/1回分)
  • ごはん   50g
  • 鮭切り身  1切
  • にんじん
  • ブロッコリー
  • キャベツ
  • まいたけ
  • 亜麻仁油
    ※量は生活スタイルや体質にあわせて調整。


豆乳おじやの作り方

①鮭をグリルなどで焼いて骨を取っておく。(油を少し落とす)

②野菜を粗みじん切りする。

③②とごはん、豆乳を鍋に入れて中火にかける。

④ふつふつと沸騰してきたら弱火にしてほぐした鮭を加える。

⑤さらにひと煮立ちさせてたら火を止める。

⑥人肌以下に冷ましてから亜麻仁油を垂らして完成!

ここがポイント!高齢犬のシニア食は炭水化物を少なめに

引用の出典元:shutterstock.com

犬の体の構造上、人間に比べて炭水化物を消化しにくいとされています。消化に時間がかかるものというのは、内臓の負担になるということ。

また、炭水化物はエネルギーとなるため運動量が少ないと太りやすくなってしまいます。

そのため、シニア犬の場合は成犬期よりも炭水化物の量を控えめにすることをおすすめします。

また、きのこ類は消化しにくいため、できるだけ細かく刻んで煮込むと◎。
エキスが溶け出したスープも丸ごと頂けるおじやは栄養満点です!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo