同じ日に生まれた赤ちゃんと子犬

引用の出典元:www.dailymail.co.uk

ヨーロッパのリトアニア生まれで、現在はアメリカのシカゴに住んでいるイヴァッテ(25歳)さんは、赤ちゃんを育てながらプロのカメラマンとして活躍しています。

息子のディラン君が生まれて間もなく、まったく同じ日に生まれたというフレンチ・ブルドッグの子犬と出会います。彼女は、運命を感じてすぐに子犬を家族として迎え入れました。

「ファーリー」と名付けられたフレンチ・ブルドッグの子犬は、息子のディラン君同様に大切に育てられ、ママの手で一人と一匹の成長記録が撮られ続けます。

同じ星の下、双子のように成長する2人

引用の出典元:www.dailymail.co.uk

同じ星の下に生まれた双子のような赤ちゃんと子犬は、いつでも一緒。一緒にお風呂に入り、一緒にご飯も食べます。

ベッドでスヤスヤ眠る2人。偶然かもしれませんがお互いの手と手がつながれている写真には、心から癒されちゃいます。

プロのカメラマンという以前に、2人のすべてを知り尽くしているママだからこそ、こんなに美しい瞬間をカメラに収められるのでしょうね。

赤ちゃんもフレンチ・ブルドッグも、まるで遠い昔からの約束を実現するために生まれてきたのかもしれません。

姿かたちは人間と犬で違えども、2人が固い絆で結ばれていることが伝わってくる写真ばかりです。

赤ちゃんをなだめるのも上手なフレンチ・ブルドッグ

引用の出典元:www.dailymail.co.uk

赤ちゃんよりも犬の方が成長スピードが早いおかげで、ディラン君がぐずって泣いてしまった時は、ファーリーはベビーシッターに大変身。泣いているディラン君の首元を優しく舐めてなだめてくれます。

フレンチ・ブルドッグの記事にあるように、もともとフレンチ・ブルドッグは賢くて遊び好きな性格です。その反面、飼い主の言葉にじっと聞き入る物静かな性格も持ち合わせています。

ユニークな動きをしたり泣いたりする赤ちゃんとの時間は、そんなフレンチ・ブルドッグにとっても愉しみなのでしょうね。

少し大きくなったフレンチ・ブルドッグの眼差しは、「ボク、赤ちゃんを寝かしつけているんだ!」と自慢しているみたいですね。

純粋な無条件の愛が溢れる

引用の出典元:www.dailymail.co.uk

幸せな表情の赤ちゃんとフレンチ・ブルドッグの写真からは、純粋な無条件の愛が溢れています。

プロカメラマンのママはこう言います。
「2人は24時間、いつも一緒。無条件でかけがえのない愛を伝えられたら、と思っています。」

2人の可愛さの奥にある、母親としての深い愛まで感じ取れるような写真ですね。

イヴァッテさんの写真は、命の美しさを表現したものばかりで、いつまでもいつまでも眺めていたくなります。心洗われる時間をいただきに、一度HPを訪問してみてください。

いつか二人が散歩している写真が見られるかもしれませんね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo