そもそも、ドライアイとは?



愛犬の眼に潤いがなくカサカサに乾いている。
目やにが拭いても拭いても出る。
このような症状に悩まされていませんか?

目薬をさしているけど一向に良くならない。
このようなお悩みの声を良く聞きます。

このような症状が続くときはドライアイかもしれません。

ドライアイは乾性角結膜炎ともいい、眼が何らかの理由で乾燥し角膜と結膜に炎症が起きてしまう状態を言います。

その原因は「涙の分泌量の減少」や「アレルギー反応」などです。

ドライアイは完治することが難しく、点眼薬やないづく薬などの治療を続けるようになることが多い病気です。

シーズーやパグなどの眼の飛び出した犬種に特に多くみられます。

犬がドライアイになる原因

ドライアイになる原因は「涙の分泌量の減少」や「アレルギー反応」が主です。
涙は血液から血球成分を取り除いたものです。そのため、涙の98%は水分で残り2%はタンパク質やリン酸塩です。

涙にはたくさんの働きがあります。

・目の表面のゴミなどを洗い流す
・眼の表面に栄養素を送る
・細菌や紫外線から眼を守る

などの働きがあります。

眼には涙腺という涙を作りだす分泌腺があります。このここで1日平均2~3mlの涙を作っています。涙腺で作られた涙は眼の表面を通過し、涙点→涙小管→涙のう→鼻→喉へと流れ吸収されます。

涙が作られる涙腺が異常を起こし涙の産生量が少なくなったり、涙が作られているが涙が眼球表面に残らず乾燥しやすいなどの状態になると、乾燥を防ぐために瞼のふちにあるマイボーム腺という油の分泌腺から油がたくさん分泌されます。

これはあくまでも油なので、涙のように汚れを洗い流したり、細菌感染などから守るという働きはありません。だんだん涙が分泌されなくなると、潤いがなく乾燥気味になり、目やにが多い、角膜表面に傷ができる、眼の表面がでこぼこになるなどの症状が起こるようになります。眼の痛みや違和感からこすると更に悪化します。

また、涙はもともと血液なのでこの性状が変わりアレルギー反応を起こし、ドライアイになることもあります。

ドライアイの検査方法

ドライアイは涙の分泌量が減少する病気なので、涙の量をはかります。涙の分泌量を調べる試験紙を「シルマー試験紙」といいます。この試験紙を下瞼に引っ掛け涙が染み込む量を測定します。

5分間に出る涙の量が10mm以上ならば正常、5mm以下ならドライアイの可能性があると判断されます。

また、フルオル染色やローズベンガル染色を行い眼の表面に傷が入っていないかの検査も行います。涙の分泌が悪くなり眼球表面が乾燥するとゴミが涙で流されにくくなったり、瞬きがしにくくなり違和感から眼をこすったりすることで傷が入りやすくなります。

このように複数の検査を行い慎重に診断していきます。

自宅でできる!犬のドライアイの治療

引用の出典元:shutterstock.com

では、ドライアイになったらどのように治療していけばよいのでしょうか?

まず、一度試していただきたいのが、ホットアイマスクです。40度くらいの温度に温めたタオルを眼に当てて軽くマッサージしてください。血液循環が良くなり、涙腺やマイボーム腺の働きが良くなります。

また、眼の表面を乾燥状態のままにしておくと痛みや違和感、角膜潰瘍などが起こりやすくなります。

ドライアイの治療には、

・ヒアルロン酸点眼薬
・人工涙液
・免疫抑制剤の眼軟膏(アレルギーによるドライアイの場合)

などを用いますが、完治することは非常に難しく定期的に点眼を行う必要性があります。

特に「免疫抑制剤の眼軟膏」を使用する時には、手袋を着用するか、塗布後は手を洗う事をお勧めします。軟膏の成分が皮膚に浸透してしまう恐れがあるため、飼主さまも気をつけながら使用する方が良いでしょう。

皮膚の痒み止めを飲んでいた時には、ドライアイの症状も治まっていたという事が多くありますので、やはり犬のドライアイとアレルギーの間には関連性があるように思います。

ドライアイを予防することは難しいのですが、眼の輝きが落ちたなと思ったり、目やにが増えた時には早めに受診して診断を受けましょう。早めに点眼薬をさすことで悪化のスピードを遅くしてあげましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi kaoridama
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード