病気か見極めるポイント① 吐く前の状態を見る

引用の出典元:pixabay.com

吐く前にどんな状態であったかで、注意しなければならない状態であるかそうでないかがわかるといいます。ご飯を食べた直後に吐いてしまった場合は、少し様子を見てみると良いようです。

早食いをしてしまった反動で、吐いてしまうことはよくあることだそうです。ただ、苦しそうにうずくまっているときは腹痛の可能性が。

また、発熱していたり、下痢の症状があるなど、犬の体調がよくない状態で吐いてしまった場合は、何かの病気かもしれません。動物病院で診てもらいましょう。

病気か見極めるポイント② 吐いたものの状態を見る

引用の出典元:pixabay.com

犬が吐いたものがどのようなものかを見れば、何を吐いたかがわかるので、病気かどうかを見極めることができると言います。

まず、白い液体、もしくは黄色い液体を吐いてしまった場合は、空腹の証拠。白い液体は胃液で黄色い液体は胆汁で、空腹のときこれらの液体が逆流して吐いてしまうことがあるのです。

この場合はご飯を小分けにして、空腹の時間が短くなるようにしてあげると良いそうです。

ただ、注意したいのが、血が混じっていたり便の匂いがするといった場合。腫瘍ができてしまっていたり、腸閉塞になっている可能性があります。一刻も早く動物病院で診てもらうと良いでしょう。

病気か見極めるポイント③ 吐いた後の様子を見る

引用の出典元:pixabay.com

一度吐いてしまっても、そのあと元気に遊びまわっていたり、ご飯をもりもり食べていれば大丈夫です。

犬は、体に悪いものを本能的に体内から追い出そうとするようで、特に病気でなくても吐くことはままあること。

ドッグフードがあっていない可能性もありますから、獣医に相談してみると安心ですね。

ただ、吐いた後も苦しそうにしていたり、何度も何度も吐いてしまう場合は、すぐに動物病院で診てもらってください。

緊急性の高い病気の可能性もあります。

普段から犬の状態を見ていることが大切

引用の出典元:pixabay.com

いつもと少し様子が違うな、と思っていたら吐いてしまった。

そんな時は迷わず動物病院で診察を受けた方が安心です。

犬が元気そうにしていても、心配であれば獣医に相談し、どのような状態で吐いてしまったのか理解しておくと、次に吐いてしまった時に緊急性のあるものかどうかも判断できるようになっていくはずです。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi サッチモ・ルイザ
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード