野良犬が墓で暮らしていた理由とは?

引用の出典元:www.facebook.com

2015年4月、セルビアの首都ベオグラードの住人から「野良犬がお墓に住み着いているから見に来てほしい」と、動物保護活動家のヴェスナ・ミハイロスキさんに連絡が入りました。

現場に急行すると、そこには、お墓の土を掘り返した穴の中に、1匹の野良犬がじっとうずくまっていたのです。声をかけてもこちらの様子を伺うだけで、いっこうに動く気配がありません。

何かをかたくなに守っているかのように感じたヴェスナさんは、静かに穴の中を覗き込みます。すると、穴からは小さな鳴き声が!

あろうことか、この野良犬は墓の土を掘って出産し、子犬たちを懸命に育てていたのでした。

母犬の本能が子犬たちを救った

引用の出典元:www.facebook.com

ベオグラードの4月といえば、最高気温は18度、最低気温は8度程度です。

生れたばかりの犬の赤ちゃんの体温は34度と低く体温調整の能力も育っていないので、32度前後の保温が必要と言われています。また、目が開く2週間ぐらいまでは、薄暗い環境で過ごさせるのが適切です。

いくら母犬が子犬を抱き込んで温めたとしても、雨にあたれば一気に体温は冷えてしまい、子犬が生き延びることは難しくなってきます。

母犬は本能的に「雨風があたらず薄暗くて安全な場所」を探した結果、この墓の下を選んだのでしょう。

ヴェスナさんは持参したドッグフードを与え、母犬を穴の外に誘導しました。

墓の下の穴は予想外に大きく、シェパード系と思われる母犬の体をもってしても、身重の体でこんなに大きな穴を掘るのは相当大変だったと思います。

母犬の必死な想いが伝わってくるようです。

お墓の中から無事に救出される

引用の出典元:www.facebook.com

いくら穴の中が安全だったとはいえ、いつ墓が倒れてしまうかもわからない状態です。ヴェスナさんは急いで母犬と子犬たちを穴から救出し、自宅に連れ帰る準備を始めます。

母犬は水もエサも長期間口にしていなかったようで、ヴェスナさんが手から与えたドッグフードをガツガツと食べたと言います。お腹が空いた状態でも、子犬に母乳を与え続けていたのですね。

飼い犬では考えられない過酷な環境で出産・育児をしていた母犬の大変さを想うと、心がギュッと締め付けられる思いがします。

母子ともに安住の地を得る

引用の出典元:www.facebook.com

動物保護活動家のヴェスナさんによって救出された母犬と子犬たちは、もう野良犬として生きる必要がなくなりました。

子犬もすくすくと成長し、大きくなったら里親さんを探す予定だそうです。母犬も安全で安心な環境の中で子育てできることを喜んでいるかのようです。



こんな風に犬が安心した顔を見ると、保護活動がいかに大切かがわかります。

誰から教わらなくても命を守るために必死に行動する母犬から、私たちが学ぶべきことはたくさんありますね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード