動物実験用のビーグルたち156頭を救出!

引用の出典元:www.facebook.com

化粧品を開発している研究室から、なんと156頭ものビーグルたちが保護されました。彼らは動物実験用として飼育されていたので、生まれてから一度も太陽の光を浴びたことすらありませんでした。

ですがこの度、インドの動物愛護団体『CUPA(Compassion Unlimited Plus Action)』に救出されたことで、彼らは不幸な環境から抜け出すことができました。

そしてコチラは、救出されたビーグルたちが初めてケージの外に出て動画です。生まれて初めて太陽の光を浴びた瞬間です。



これまで狭い環境に閉じ込められていたせいで、最初はまともに歩くこともできないワンコたち。その姿に胸が痛みます。

保護団体の方によると、ビーグルたちは人に怯える仕草をみせたそうです。さらに、生まれて初めて浴びる太陽の日差しが強いのか・・まるで暗闇を探すかのように隅の方へと歩いていったのだそうです。

保護団体のおかげで、不幸のどん底から幸せな第二の犬生へ!

引用の出典元:www.facebook.com

はじめこそ人間や光に怯えていたビーグルたちですが、その後の保護団体による献身的なケアによって、日に日に元気を取り戻していきました。

今では、太陽の日差しなんてへっちゃら!みんな笑顔で大はしゃぎしながら走り回っているそうですよ。

引用の出典元:www.facebook.com

今回もまた素敵な動物愛護団体によって、不幸な生き方を強いられていたワンコたちが一変して、幸せな第二の犬生を歩むきっかけを手に入れました。

これも全て、不幸なワンコを救出するために日々活動している世界の動物愛護団体のおかげですが、私たちが住む日本でも不幸なワンコを救う方法はないのでしょうか?

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi オオバやん
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード