イギリスで子犬販売の詐欺が横行 

引用の出典元:www.mirror.co.uk

日本では、まだまだオンラインでペットを取引することは珍しいかもしれませんが、アメリカやヨーロッパではオンラインでペットを購入する人も少なくはありません。

そんな中、イギリスの動物愛護団体ではとあるブリーダーから子犬購入した人の多くが、子犬の健康状態についてクレームを訴える人が多いことに気が付きます。中には、死んでしまった子犬もいたとのことです。

そこで捜査をしていくと、とある“パピーファーム”に辿り着きます。パピーファームとは子犬を大量生産している農場のこと。 

テレサ・ウェイドという57歳の女を筆頭に、他3人の女がこの詐欺に関与した疑いで逮捕されました。その後の調べで、この女たちは2013年7月から2014年10月の間だけで750頭もの子犬を取り扱っていたとのことです。 

1年強で750頭。その数字がいかに常軌を逸した数字であるかはすぐにわかりますが、イギリスの動物愛護センターによって撮影された動画には犬たちの置かれた悲惨な状況が確認できます。 

ほとんどの犬は保護され、幸せに暮らしている犬も

引用の出典元:www.mirror.co.uk

最終的にどれくらいの犬たちが動物愛護センターに保護されたかは定かではありませんが、同保護センターによると、保護された犬たちは現在第2の家で里親であるご家族と暮らしているそうです。

中には健康が思わしくなく、特別治療が必要だった犬もおり、継続的な治療が必要な場合もあるそうですが、彼らの第2の犬生が始まったことに胸を撫で下ろすばかりです。 

世界中で消えないペット産業の闇…

イギリスやドイツは殺処分0など、動物愛護に関してはずいぶんと進んではいますが、それでも本日ご紹介したようにペット産業の闇はまだまだ深いです。それは日本でも同じことです。 

殺処分を無くす目標とは別に、このペット産業の闇の部分をいかにしてクリアにしていくかはまだまだ課題が残ります。

子犬は小さくてかわいいですが、ペットショップやブリーダーからの購入という方法ではなく、保護された犬たちを迎え入れるという選択肢があることを是非覚えておいていただきたいです。 

参照:Puppy farm gang guilty of selling sick and dying dogs in fraud that made £100,000

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi Amy03
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード