そもそも、どうして犬の毛は抜けるのでしょう?

引用の出典元:www.flickr.com

春と秋、犬の毛が生え替わる時期を換毛期と言い、私たち人間でいうところの「衣替え」のようなもの。

この春・秋の時期に換毛して、夏の暑い時期をなるべく涼しく過ごすために、また寒い冬を暖かく過ごすために重要な自然現象なのです。

シングルコートの犬は抜け毛が少ないと言われていますが、ダブルコートの犬はアンダーコートとオーバーコートという2種類の毛を持っていて、春になると涼しく過ごすためにアンダーコートが抜け、オーバーコートを増やします。

反対に、秋になるとオーバーコートが抜け、寒さを凌ぐためにアンダーコートを増やしていきます。

最近では室内温度が快適に保たれるようになったことで、室内で暮らす犬は気温差を感じにくくなり、「換毛が行われない」または「一年中が換毛期」といったこともあるようです。

犬の健康のためには、できれば温度差をきちんと身体に感じさせ、本来の換毛をさせるようにしたいものですね。

換毛ではなく、脱毛の場合は注意が必要

引用の出典元:www.flickr.com

自然現象である換毛ではなく、皮膚の病気やアレルギー、内臓からくる病気などが原因になって抜け毛が起こる場合があります。

アンダーコートではなくオーバーコートが大量に抜ける・皮膚が痒そう・皮膚が黒ずんだり荒れているなど、ちょっとした変化を良く観察しておくことが大切です。

また、犬の性格や体質によっては「ストレス」で脱毛してしまうこともあるようです。

犬は、ちょっとした生活の変化などに敏感に反応しますので、私たち以上にストレスを感じてしまうことも多いのです。

抜け毛対策には、やっぱりブラッシング?

引用の出典元:www.flickr.com

何はともあれ、特にダブルコートの犬にとって「ブラッシング」は欠かせません。ブラッシングをしっかりすることで、あらかじめ余分な抜け毛を取り除くことが出来ます。

ブラッシングは、地肌をマッサージし血行を良くして新陳代謝を活発にしますので、換毛をスムーズにする効果があり、また、ノミ・ダニの発見や皮膚疾患などの早期発見にも役立つので愛犬の健康を守る一助になります。

そして、毎日のブラッシングは愛犬とのスキンシップやコミュニケーションをとる、という最大の効果があります。

「ブラシすると気持ちイイね」、「次はお尻のあたりをブラシするよ」など、何でも良いので話をしながらブラッシングしてあげましょう。

私たち飼い主のその時の気持ちをしっかりと読み取り、愛犬も気持ちを寄せてくれるようになりますので、暮らしがとってもラクになっていきますよ。

ちなみに、ブラッシングの他に洋服を着せることも抜け毛対策になります。洋服を着せた時は、犬自身が体温調整をしづらくなりますので、季節を問わず熱中症には気をつけてあげてくださいね。

大量の毛の掃除が大変だけど…

引用の出典元:www.flickr.com

「ブラッシングもしている」、「洋服も活用している」にもかかわらず、抜け毛が室内に散らばるのは仕方のないところ。

犬の毛は人間の髪の毛より細く軽いので、掃除機の排気部分の空気で再び舞い上がってしまうこともあるので、掃除機をかける前に床用ワイパーなどでササッと拭き掃除をすることをお勧めします。

カーペットやソファーに絡みついた抜け毛は、掃除機でもなかなか取れません。

最近は、布製品の掃除用「ラバーブラシ」などが売っていますが、私のおススメは「ゴム手袋」。手袋ですから細かいところもしっかり掻き出せ、しかも両手で掃除が出来て便利です。

そして…何より、百円均一で買えるのでとってもお得!

仕上げに「粘着ローラー」などで、コロコロと残りの毛を取ってしまえばスッキリです。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi anddog_nao
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード