心室中隔欠損症の原因:特定の犬種に多く見られる先天性疾患

心室中隔欠損症とは、心臓の左心室と右心室を隔てる壁に生まれつき欠損(穴)がある状態のことを言います。



穴が小さい場合、特に症状が現れず経過観察となる場合もありますが、穴が大きいと正常の働きとは逆に左心室から右心室に血液が流れ込み、肺水腫を併発するなど肺に負担がかかる場合もあります。


発症しやすい犬種


  • 柴犬
  • 秋田犬
  • ウエストハイランド・ホワイトテリア
  • イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
  • ブルドッグ
  • バセットハウンド...など

心室中隔欠損症の症状:咳や疲れやすさから徐々に進行

心室中隔の穴が小さいうちは明らかな症状がほとんど出ませんが、病状が進行していくうちに、以下のような症状があらわれ始めると考えられます。

  • 乾いた咳
  • 運動後の呼吸困難
  • チアノーゼ
  • 疲れやすくなる
  • 食欲不振
  • 発育不良
  • 肺水腫

心室中隔欠損症の治療:運動療法から外科手術まで

心臓に負担がかからないよう塩分を控えた食事や低カロリー食にする食事療法や、運動制限を指示される場合が多いと思います。

症状を抑えるために強心薬や血管拡張剤、利尿薬を投与する内科的治療を行うことも。ただし、これは欠損そのものを回復させるものではなくあくまで症状を抑えるためのものです。

症状が重く、重度の場合には欠損孔を塞ぐ外科手術を行うこともあります。

犬のために出来ることは早期発見と早期治療

心室中隔欠損症は上記でも言ったように、先天的な疾患のため残念ながら予防方法はありません。

しかし初期の段階であれば外科手術などは行わず、運動や食事療法で管理していくことも可能な病気です。そのため、早期の発見と適切な治療が最も重要。

日頃から定期的な健康診断を受けるようにし、愛犬の観察を怠らないようにして体調の変化を見逃さないようにしましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi MEG
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード