ビーグルの特徴

引用の出典元:www.shutterstock.com

  • サイズ:中型犬
  • 体高 :オス 33~38cm メス 30~35cm
  • 体重 :オス 9~12kg メス 7~10kg

ビーグルは、優れた嗅覚を持つ狩猟犬で、散歩の時はいつも臭いを嗅ぎまわっていて、一時もじっとしていません。嗅覚を利用して、成田空港を含め各国の空港で検疫探知犬として活躍しています。

やや小さめの中型犬に該当しますが、体に見合わず、瞬発力や引っ張る力はなかなかのものです。ビーグルの体は、全体にバランスがとれていて、無駄のない骨格に引き締まった筋肉が特徴です。ジャンプ力も強く、身長の倍ぐらいのフェンスでも飛び越えてしまうことがあります。

狩猟犬としての動きは機敏で、群れで猟を行い、ハウンド独特の野太く大きな声で鳴き交わしながら獲物を追い込みます。ピンと立った状態で激しく振る尾っぽの先は白く、それを目印に猟師達も獲物を仕留めに走ります。

ビーグルの名前は、フランス語で「大きな声を出す」という意味に由来している、という一説があります。ハウンド種の中で、最も小さい犬種でもあり、名前のもう一つの由来として、フランス語の「beigle=小さい」から、ビーグルの呼び名となった、という説もあります。

ビーグルの被毛はダブルコートの短毛で、オーバーコートは体に沿うような直毛でツヤがあり、アンダーコートは密集して生えています。毛色は、ホワイト&ブラック&タンと、ホワイト&レモンです。尾の先は白いものが良しとされています。

アゴ付近まで下がった大きな垂れ耳もビーグルの特徴で、より一層愛らしさを引き立てています。


ビーグルの歴史


  • 原産国:イギリス
  • 用途 :狩猟犬

ビーグルはイギリス原産で、14世紀にはウサギ狩りの名手として活躍していました。詳しい起源は不明ですが、数千年前からウサギ狩りで使われていたハウンド種の血統を引いていると考えられています。16世紀の書物にはビーグルと思われる狩猟犬のことが記されていたことがわかっています。

実は、19世紀頃までは様々な大きさのビーグルがいたようですが、小さな狩猟犬は猟師のカバンに入れられて目的地まで移動するのに重宝され、ビーグルは絶大な人気を誇りました。

19世紀の後半になると、アメリカにもビーグルは持ち込まれるようになります。興味深いのは、アメリカにもビーグルと呼ばれるバセット・ハウンドのような外見の、やや大きめの犬がいました。アメリカの人々は、イギリスから来た足が長くスマートで小型のビーグルを見て、一気にイギリス産ビーグルに魅了されてしまいます。

1950年代に描かれた漫画「ピーナッツ」に登場するスヌーピーの名前は、snoop=うろうろ嗅ぎ回る・詮索する、から付けられ、ビーグルの特徴を良く表している名前です。スヌーピーは知的でコスプレが得意でイタズラ好きな犬として描かれています。

あっという間に世界中で大人気になったビーグルは、日本でも多く飼われており、2014年度ジャパンケネルクラブのビーグルの登録頭数は、138犬種中20位で3017頭です。

日本の猟師は、今もビーグルを大切な狩猟犬として飼育していて、1人で複数頭のビーグルを飼育していることも珍しくありません。

ビーグルから改良された、日本独自のビーグル「サツマビーグル」についても少しご紹介しましょう。

薩摩(鹿児島)の地犬と、明治後半に持ち込まれたハーリア、イギリスビーグル、バセット・ハウンドといったハウンド系の犬を交配・改良し、100年かけて固定されたといわれています。サツマビーグルは、愛好家らの手によって、なんとか絶滅の危機を免れています。

ビーグルの性格

引用の出典元:www.shutterstock.com

ビーグルの性格は、とても明るく愛嬌たっぷりです。知らない人や他の犬にも警戒心はなく、友好的でケンカをしかけることもありません。

遊び好きな性格でもあり、子供が大好きで近寄って行きます。忍耐強い性格のため、少々しつこく触られても怒ることはありません。群れで暮らしてきた犬種ですので、少々寂しがり屋の面もあります。

狩猟犬の気質を引き継いでいて頑固な性格ですから、散歩中は自分勝手に歩こうとすることが多い犬種です。

また、慎重な性格もあり、いつもの散歩道でこれまでなかった車が駐車しているなど、違った気配を感じると怖がることがあるので、声を掛けて安心させてあげましょう。

ビーグルは無駄吠えすると思われていますが、他の犬種と比べても決して多いほうではありません。ストレスが溜まった結果の欲求吠えが、他の犬種よりも大きく響く声なので、印象に残りやすいのです。

ビーグルの性格まとめ


  • 明るい
  • 友好的
  • 遊び好き
  • 忍耐強い
  • 寂しがり屋
  • 頑固
  • 慎重

ビーグルの平均寿命と知っておきたい病気


ビーグルの平均寿命は12~15年程度と長生きの犬種で、20歳を超えたビーグルもいるほどです。室内飼育で、環境ストレスを減らすことも長寿の秘訣です。

ビーグルの知っておきたい病気として、てんかんや椎間板ヘルニアが挙げられます。


・てんかん


脳の神経回路がショートし、けいれんやひきつけが起きる病気です。先天的な遺伝による突発性てんかんや、難産、ウィルス、事故など、何らかの理由で脳の神経細胞が過去に壊れたことが原因とも考えられています。抗てんかん薬の治療が必要となります。


・椎間板ヘルニア


背骨や首の骨の間のクッションが傷んで神経を圧迫し、その先の神経に上手く命令が伝わらなくなり、痛みや麻痺が出る病気です。胴長の犬種に多い病気で、老化や飛び跳ね、強くねじるといった強い衝撃などにより発症します。軽症の場合は投薬治療が行われ、緊急な状態であれば手術を行います。

他に、ビーグルを飼育するにあたって、外耳炎など耳の病気に注意しましょう。大きな垂れ耳なので、通気性が悪く汚れやすいので、耳の清掃を心がけましょう。

眠っている時に、そっと耳をめくって開放するのも良いですよ。

ビーグルの上手な飼い方

引用の出典元:www.shutterstock.com

ビーグルは家庭犬として、飼いやすい犬種です。初めて犬を飼う方でも、ビーグルの特徴を良く知り、しつけをあらかじめ学んでおくことで上手に飼うことができます。

基本的には室内飼育が良いですが、屋外での飼育も可能です。その場合は、夏の暑さ対策は万全に行う必要があります。できるだけ直射日光を避け、風通しが良い場所に小屋を設置します。寒い季節は、午前中に日が差し込む東側など、温かい場所に移動しましょう。

屋外飼育で気をつけたいのは、運動量が足りていない時の無駄吠えです。1キロ先までも聞こえるような大きな声で何時間でも鳴き続けます。ビーグルを飼育するなら、朝と夕方にしっかりと散歩させられることが最低条件です。

また、小屋の上に乗る、塀を乗り越えて落下する、といったことを想定し、ロープのからまりによる事故を防ぎましょう。塀から離れた位置で、家族の気配が感じ取れるような場所に小屋を設置します。

室内飼育で気をつけたいのは、腰への負担です。床は滑りにくいものにし、階段の昇り降りはさせない、肥満にさせない、といった点に気をつければ大丈夫です。

若い頃は、助走無しで柵を乗り越えるほど跳躍力がありますので、室内のケージは屋根のあるタイプがおすすめです。しつけが入った後は、フリーで飼育することができます。

ビーグルは、とても活発で体力と持久力がありますので、運動量を多めに確保することが大切です。散歩は、1日30分程度を2回行います。それでも足りないことがありますので、様子を見てドッグランなどを利用しましょう。

狩猟犬の宿命でもあるのですが、散歩中に鳥や自転車などを見ると、瞬間に追いかけようとします。突発的な引っ張りによる事故を防ぐためにも、子犬の頃からグイグイ引っ張らせないようなしつけをマスターさせましょう。

ビーグルは、寂しがり屋なので、幼犬の頃に極端に長い留守番をさせるのは控えましょう。成犬になれば落ち着いて留守番も上手にできるようになります。

理解力が高い犬種ですので、比較的しつけは入りやすいのですが、時に頑固な性格が邪魔をします。嫌なことは嫌!と意思表示します。その時は無理強いせずに、気分が変わった時に改めてしつける、というようなテクニックを覚えておきましょう。

ビーグルは比較的被毛の手入れはラクなほうです。スリッカーブラシで週に2~3度ブラッシングを行います。シャンプーは1~2ヶ月に1度程度行います。短毛ですが抜け毛の量は多いほうです。換毛期はアンダーコートを中心に抜け毛を除去しましょう。毎日の掃除機は欠かせません。

ホワイト&レモンは皮膚が弱いことがありますので、強すぎるブラッシングに注意して被毛のケアを行いましょう。

もう一点、気をつけたいのは、ビーグルは大食漢だ、という点です。あげたものは何でも食べてしまいます。果物は糖分が高く太りやすいので、与えるとしても一口だけにしましょうね。

10歳のビーグルと子犬のビーグルがご対面

引用の出典元:www.youtube.com

先住犬の10歳のビーグル、ハイジと、わずか6週目のビーグルの赤ちゃん、マックスのご対面です。

まだ礼儀を学んでいない子犬は、先住犬に立ち向かいます。

しかし、いとも簡単にひっくり返され、お腹丸出し状態に♪

子犬は、あたかも降参したかのように、そのままじっとして動きません。

それでも前足を伸ばし、若干の抵抗を見せるところはビーグルの気質でしょうか。

子犬のマックスは、やはり懲りていませんでした。隙を見て起き上ったと思ったら、果敢にも10歳のハイジにジャブ攻撃をくらわせます!

こんなふうにして社会性を学んでいくのですね~。


やんちゃで可愛いビーグルとたくさん遊ぼう!


ビーグルは、飼い主の行く所には、どこへでも着いてくる好奇心旺盛な犬種です。

ビーグルと一緒に公園を散歩しましょう!海にも連れて行って砂浜を一緒に走りましょう!川で泳ぐのだって得意です!

ビーグルは、とにかく遊ぶことが大好きですから、ドッグランで走らせたり、近くのしつけ教室に通ったりして、運動としつけを合わせた育て方を楽しみましょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事についたタグ

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード