痛みを抱えた体にもかかわらず…

引用の出典元:www.facebook.com

マサチューセッツ州の動物管理局に保護された1匹の野良犬。推定1歳のオス犬の体は痩せ衰え、長い間飢餓状態にあったことを物語っていました。

さらに、免疫の落ちた体は「毛包虫(ニキビダニ)」に巣食われ、直視できないほど全身は傷だらけだったのです。

相当な痛みを抱えていたにもかかわらず、保護犬はスタッフたちにキスやハグをして喜びを伝えました。

しかも、傷ついた皮膚から出血するほど尻尾を振り続けるため、スタッフはできるだけ興奮させないように苦労したと言います。

純粋で愛らしい保護犬には、キスとハグを意味する"XO"という名前が付けられました。

その後、XOは、動物保護団体の『セカンド・チャンス・レスキュー』に引き取られ、治療の継続と里親探しが始まりました。

ペットロスで傷ついた心を癒してくれた

引用の出典元:www.thedodo.com

セカンド・チャンス・レスキューで療養を続けたXO。あれほどガリガリで傷ついた体は見違えるように回復し、体重は2倍になりました。

もうこれなら里親さんがいつ現れても大丈夫です。保護されてから3カ月後の2016年10月、XOに永遠の家族が見つかります。

家族は数カ月前、わずか5カ月の間に3匹の愛犬をガンで失い、ペットロスになっていたそうです。家族が立ち直るために選んだ方法は、新しく犬を迎えることでした。

そんな折に出会ったのがXOだったのです。XOも家族も、ともにセカンドチャンスを必要としていました。

最高のタイミングで出会えたXOと家族。XOの大好きなキスとハグは、あっという間に家族のペットロスを癒やしていきました。

元気過ぎるヤンチャな犬に成長

引用の出典元:www.facebook.com

明るく元気が良すぎるXOは、家族に再び犬と暮らす喜びを取り戻させます。そして、XOの名前を卒業し、"トゥルーパー"という新しい名前を付けてもらいました。

パパとママに愛されて、トゥルーパーはさらに元気を取り戻していきます。保護されたときには7キロしかなかった体重も25キロにまで増えました。


クリスマスには、たくさんのオモチャを片っ端からやっつけてママを困らせる場面も。

彼の毛包虫症があまりにも重症だったので顔や首には跡が残ってしまいましたが、治療のおかげで彼の皮膚からニキビダニはいなくなりました。

家族ばかりか大きな弟までできた!

引用の出典元:www.thedodo.com

そして数ヶ月後、お得意のキスとハグで家族をペットロスから救ったトゥルーパーに、大きな弟ができました。

保護されたゴールデンレトリバーの子犬、"サリー"を家族に迎え入れたのです。2匹は一緒に遊んだり昼寝をしたりと、相性もバッチリのベストフレンドとなりました。


XOが幼いころに経験した辛い過去を変えることはできませんが、トゥルーパーと改名してからの彼は未来永劫ハッピーに暮らせます。

家族が過去に亡くした3匹の愛犬も、きっと天国から見守ってくれていることでしょう。

■保護されて間もなくのXOの様子はこちら
喜びのあまり、出血するほど尻尾を振り続ける保護犬の純粋さに感動

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード