犬の代表的な病気や怪我と、その治療費

引用の出典元:shutterstock.com

犬を飼うことは楽しいことだけではなく、怪我や病気といったトラブルも必ず発生します。犬の病気や怪我では、高額な医療費が必要となることもしばしば。ここでは、愛犬の身に起こるかもしれない代表的な病気や怪我について紹介します。


椎間板ヘルニア:20万円~


胴長の犬に発症率が高い病気です。治療には内科治療と外科治療がありますが、再発を繰り返す場合も多く、完治のためには外科治療、すなわち手術の方が有効だと考えられています。手術の場合の治療費は20~35万円です。


胃がん:40万円~


医療の発達により、犬も長寿化したことでがんの発症率も高まってきました。手術をする場合は40万円程度ですが、その他にも内科治療や継続した通院が必要になる場合が多く、100万円以上の治療費がかかるケースも報告されています。


白内障:10万円~


老齢の犬に発症しやすいですが、遺伝性で若年でも発症するケースもあります。10~20万円程度の治療費がかかります。


骨折:15万円~


交通事故及び、高所からの落下が原因であるケースが多いです。骨折した箇所によって大きく変わります。手術が必要な場合も有り、15~50万円程度の治療費がかかります。


異物誤飲:10万円~


おもちゃや食べ物が胃や腸に詰まった場合、小さいものなら内視鏡で取り除けますが、大きいものだと回復手術が必要となります。10~20万円程度の治療費がかかります。

突然の病気にペット保険は有効か?

引用の出典元:shutterstock.com

いかがですか?犬の体格や動物病院の設備などにより、治療費は大きく異なりますが、かなり高額の医療費がかかることが分かってきました。

犬が病気になった際、急に数十万円単位の治療費がかかったとしたら、あなたはすぐさま支払いが出来るでしょうか?

そういった事態に備えて、現在ペット保険が注目されています。ペット保険に加入した場合について考えてみましょう。ペット保険は犬の犬種や年齢などにより、月1000円~5000円程度の掛金がかかります。手術の際には半額支給や全額支給など、保険会社や特約によって変わります。

また、年齢によって保険料が変わります。たとえば、5歳までの保険料が年間1000円、6~10歳までの保険料が年間3000円、11~15歳までの保険料が年間5000円だとすると掛金だけ54万円かかることになります。トータルで見ると、結構な額になりますね。
おすすめ記事:人間の保険とは仕組みが異なるペット保険!加入の前に飼い主が知っておくべきこと


犬の高い治療費について、日頃から考えておく

引用の出典元:shutterstock.com

犬が病気になったり、ケガをしたりすると高額の医療費がかかることがあります。

そのための対策としてペット保険が注目されていますが、ペット保険の掛金もトータルの金額を考えると決して安くはありません。

あまり病気をしない丈夫な犬の場合は、保険に入らず、何かあった場合に自費で払うほうが安く済む場合もあります。

少し体調が変化してもすぐに動物病院に連れて行きたいというような心配性の方にはペット保険がおすすめですし、予防接種以外であまり動物病院に行く機会がないような方は普段からペット用に積立をしておくことをオススメします。

急に、高い治療費が必要となっても慌てないように準備をしておくといいでしょう。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi aazusweets
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード