交通量の多い道路に佇んでいた野良犬

引用の出典元:www.thedodo.com

10月11日の真夜中、アメリカ、フロリダ州の道路上に、汚れきった野良犬が立ち往生していました。発見者は、往来の激しいこんな場所になぜ?このままでは犬は車に轢かれてしまうと、急遽保護することに。

発見者は善意で野良犬を保護したもののその日の晩、犬を面倒看ることができない事情があり、この嘆かわしいほどの犬を誰か預かってくれないか、とSNSに投稿しました。

投稿された野良犬の写真は恐ろしいほどに汚れきっており、被毛は伸び放題で目は隠れ、表情すらわからないほどです。

誰の目から見ても、この犬がどれほどの辛い経験をしてきたのかが一目瞭然でした。

真夜中に緊急グルーミング開始

引用の出典元:www.thedodo.com

フロリダ州セミノール郡でペットサロン『BGEグルーミング』を営むキャリー・ファラさんは、営業時間も終わり自宅でインターネットサーフィンをしていました。

彼女は顧客のグルーミング以外にも、日頃から救助が必要な犬たちを探し、養子縁組に役立つよう綺麗な姿にするためのボランティアを行っています。

そんなキャリーさんの目に飛び込んできたのが、あの汚れきった犬の写真でした。彼女は、この犬の状態は直ちに助けが必要だとわかり、すぐに発見者に連絡を入れます。

そして、発見者はキャリーさんのペットサロンに保護した犬を連れてきました。真夜中の12時ではあったもののキャリーさんは犬のグルーミングを始めます。

ミイラのように固まった被毛とノミに悪戦苦闘

引用の出典元:www.thedodo.com

"ラッキー"と名付けた犬の状態を確認したキャリーさんは、このときの様子を次のように語っています。

「ラッキーは私が見てきた中でも、最悪の状態でした。彼の体からは腐敗臭が漂い、被毛の絡まりや重さで歩くことも排泄さえもできなかったんです。
まるで全身がミイラのようにカチカチに固まり、ノミに覆われていました」

まずはバリカンで犬を苦しめてきた被毛を除去しますが、固まった被毛はバリカンの動きを妨げます。ようやくラッキーの全貌が見えてきたころには、すでに午前3時になっていました。

グルーミング中のラッキーは、まるで感謝しているかのようにおとなしくしていたと言います。キャリーさんは「彼は私たちが彼を助けていることを知っていたようです」と、ラッキーの気持ちを語りました。

耳も目も不自由でも、必ず明るい未来は訪れる!

引用の出典元:www.thedodo.com

身も心も軽くなったラッキーは丹念にシャンプーをしてもらい、翌日動物病院で診察を受けます。

その結果、4歳と推定されたラッキーの耳はもはや聞こえず、目も見えていないことがわかったのです。

去勢手術も終えたラッキーは一時預かりボランティアさんに引き取られ、今は里親さんが現れるのを待っています。

マイクロチップもなかったことから飼い主は特定できなかったものの、キャリーさんは生まれ変わったラッキーにふさわしい素敵な家族ができることに期待を寄せています。

「私たちは保護された犬たちをグルーミングし、彼らが新しい人生を歩んでいけるようサポートしています。もちろん無料ですが、手入れが終わったあとに幸せそうに尻尾を振る犬たちを見るのが何よりの報酬です!」

そう笑顔で語るキャリーさんのサロンのモットーは「小さな親切で犬の人生を救う」だそうです。素敵ですね。

日本でも保護犬たちをボランティアでグルーミングしている人たちがたくさんいます。飼い主の身勝手さで犠牲になる犬が少しでも減ってほしいと願うと同時に、犬の保護活動に携わる方々に深く感謝したいと思います。

\クリックするだけ!/無料でNPOを支援する方法

Tsunayoshiでは、誰でも簡単に動物保護団体を支援できる新しい取り組み始めました。みんなの「いいね!」で動物愛護の輪を広めませんか?目指せ、殺処分ゼロ!

興味のあるページに「いいね!」した後は記事をシェアして、多く人に動物愛護に関心を持ってもらいましょう!

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo

この記事を書いたライター

Tsunayoshi ひまわり
読者の皆様により良い情報をお届けします!

話題のキーワード

今話題のしつけ関連ワード