特徴①「呼んだらき来てくれる」ことを最もかわいいと感じる

引用の出典元:www.flickr.com

犬と猫の大きな違いがここ、犬はいつでも飼い主さんに駆け寄ってくるかわいいヤツなんです!

猫は犬よりもマイペースなので一筋縄でいかないところが「かわいい!」という理由を挙げる猫派の気持ちも分かります 。

しかし、やっぱりいつでも駆け寄ってくる犬の姿は「かわいいなあ、、、」と思ってしまう理由なのであります。

特徴② 見た目のわりに、主従関係に厳しいとか超かわいい

引用の出典元:www.pakutaso.com

犬がかわいいという多くの人は、その理由が犬に認められた「一番の人」なのかもしれません。

犬はかわいい顔をしてしっかりと自分を含めた飼い主の順位をつけます。

しつけがしっかりできている犬は常に自分が2番、そしてかわいい愛犬の1番になれた人は世界一の幸せ者なのです。

自分よりも1番の飼い主さんに常に従順な姿を見せる愛犬、「かわいい!」と思わない理由はありません!

特徴③.散歩するたびに、愛犬との絆が深まっていくことに感動している

引用の出典元:www.flickr.com

犬がかわいい理由に、猫にはない「お散歩」があります。

かわいい愛犬と毎日お散歩に行くことで、飼い主さんと犬の関係がグッと縮まるのが犬派が猫よりも犬をかわいいと思う大きな理由のひとつです。

飼い主さんが家の外で見ている同じ景色をかわいい愛犬と一緒に共有することができるのはとても幸せなことですよね。

どんなに小さくかわいい姿をした犬でも毎日のお散歩は欠かせません。

毎日のお散歩でかわいい愛犬と沢山コミュニケーションを取ってくださいね。

特徴④ 犬の素直でまっすぐな性格が大好きである

引用の出典元:www.flickr.com

犬をかわいい理由を挙げろと言われても出てこない犬派の人も多いのではないでしょうか。

犬や猫をかわいいと思う理由は、人それぞれが犬猫に感じるものが関係しているのかもしれません。

犬と猫のどちらかをかわいいと思うかで、その人の性格が分かってしまうとも言われています。

犬がかわいい派の人は「素直で協調性があるタイプ」、猫がかわいい派の人は「マイペースで恋愛上手」なのだとか。

私たちが一目惚れしてしまうように、犬や猫を「かわいい!」という気持ちに理由なんてないのかもしれませんね。

無料で動物保護団体を支援する

協力:NPOを無料で簡単に支援できる!gooddo